100均ダイソー・セリアの防水スプレー!使い方や効果・注意点は?

ダイソーやセリアでは防水スプレーが販売されています。ダイソーやセリアの100均防水スプレーの使い方や効果についてご紹介します。お気に入りを長く使うためにも100均の防水スプレ―は役立ちますよ。100均の防水スプレ―で靴やバッグを守りましょう。

100均ダイソー・セリアの防水スプレー!使い方や効果・注意点は?のイメージ

目次

  1. 1100均の防水スプレーは使える?
  2. 2100均の防水スプレーと一般的なものの違い!成分が違うの?
  3. 3100均【ダイソー】の防水スプレーはこれ!
  4. 4100均【セリア】の防水スプレーはこれ!
  5. 5防水スプレーの基本!押さえておきたいポイント3つ!
  6. 6100均の防水スプレーの使い方!使う場所と注意点は?
  7. 7100均の防水スプレーの売り場は?
  8. 8100均防水スプレーで大切な靴を雨から守ろう!

100均の防水スプレーは使える?

ダイソーやセリアの100均防水スプレーは一般的な防水スプレーと同じような成分が使われています。容量はやや小ぶりですが十分に使え、安いのでまとめ買いもできます。

ダイソーやセリアの100均防水スプレ―は、小さめサイズは持ち運びにも便利です。いざという時に大切な靴やバッグ、傘、衣服を雨から守ってくれます。

傘 男性

ダイソーやセリアの100均防水スプレーは、いつでもどこでも取り出して使えるので、1つ持っていると急な雨や雪にも対応できます。

スキーやスノボーなどウィンタースポーツにもおススメです。ダイソーやセリアの100均防水スプレ―は、容量が70mlと小さめサイズなので旅行などにも持っていきやすいのです。

100均の防水スプレーと一般的なものの違い!成分が違うの?

一般的な防水スプレーの成分には、シリコン樹脂、ベンジン、LPGが使われています。ダイソーやセリアの100均防水スプレーにも同じような成分が使われています。

安いですが撥水効果も高く、濡らしたくない靴やバッグを雨や雪から守ってくれます。

草 水滴

成分の差がないので効果にも期待が持てますね。撥水効果のなくなった傘などにも効果があります。ダイソーやセリアの100均防水スプレーで身の回りのものを防水してみませんか?

100均【ダイソー】の防水スプレーはこれ!

100均ダイソーの防水スプレーは70ml入りです。靴などの防水させたいものにしっかりとスプレーします。ダイソーオリジナル商品で108円で購入できます。108円で購入できるのでまとめ買いをしている方も多いです。

100均ダイソーの防水スプレーは、ブルーの缶に白のストライプが目印です。防水スプレーとしっかり書かれています。水がしみ込まないような成分が使われているので、撥水効果とともに大事な靴やバッグを雨や雪から守ってくれます。

成分・使える布地は?

100均ダイソーの防水スプレーの成分は、シリコン樹脂、ベンジン、LPGが使われています。水がしみ込まないような成分なので、靴などの防水には大変便利です。

100均ダイソーの防水スプレ―は安くても成分は一般的な防水スプレーと変わらないので、効果にも期待が持てます。

バッグ

100均ダイソーの防水スプレーが使用できる布地は、ドライクリーニングができるものとなっています。傘、靴、バッグ、衣服、スキー用品などに使用できます。

綿やナイロン素材は大丈夫ですが、合成皮革や皮製品には使用できません。

100均ダイソーの防水スプレーを使う前に、目立ちにくい部分にスプレーし、シミなどができないか確認をすると安心して使えます。

100均【セリア】の防水スプレーはこれ!

100均セリアでも防水スプレーが販売されています。セリアの100均防水スプレーはブルーの缶が目印です。

こちらも防水効果に期待が持てる商品です。成分的にも一般的に販売されている防水スプレ―と変わりありません。

100均セリアの防水スプレーも70ml入りです。水がしみ込まないような成分が使われています。

雨の日のお出かけなどにも対応でき、お気に入りの靴やバッグを雨や雪から守ってくれます。セリアの100均防水スプレ―も使う前に、目立ちにくい部分にスプレーし、シミなどができないか確認をしておくと安心ですね。

成分・使える布地は?

セリアの100均防水スプレーの成分は、石油系溶剤、フッ素樹脂、LPGが使われています。ダイソー防水スプレーと若干成分は違いますが、どちらも撥水する成分が使われています。セリアの100均防水スプレーも防水、撥水効果がしっかりとしています。

衣類

100均セリアの防水スプレーもドライクリーニングができる布地に使用できます。傘や靴、バッグ、スキーウェアなど綿やナイロン素材のものに適しています。

合成皮革や皮製品には使えません。セリアの100均防水スプレ―も正しい使い方をすることで効果にも差が出てきます。

防水スプレーの基本!押さえておきたいポイント3つ!

ダイソーやセリアの100均防水スプレーを使うために押さえておきたいポイントをご紹介します。安全に使い、お気に入りを長く使うためのポイントです。

ダイソーやセリアに限らず、一般的な防水スプレーの使い方のポイントは3つあります。簡単なことですが大切なポイントなのでしっかり押さえておきましょう。

スプレー

ポイントを押さえておくことで正しい使い方ができます。間違った使い方をしてしまうと危険が伴ったり、製品が傷んでしまう場合もあります。

①【防水】と【撥水】の違いに注意

防水と撥水はどちらも似たような感覚で使っていますが、効果に違いがあります。

防水は文字通り、被膜を張り、水がしみ込むのを防ぐ働きです。傘など長い間使っていると水がしみ込み、跡が残ってしまう場合があります。一度しみ込んでしまった雨の跡はなかなか消せません。

防水は水がしみ込みのを防ぐ働きがあることを覚えておきましょう。

花

撥水は水をはじく働きを指します。生地の表面や糸に撥水コーティングをすることで、水がついてもコロコロと転がり落ちるようになっています。

傘に撥水加工を施すと、雨が当たっても粒になり、傘の表面が濡れにくくなります。衣服などについた水分もサッと払いのけることで濡れにくくなります。

②使用するタイミングは?

ダイソーやセリアの100均防水スプレーを使用するベストなタイミングがあります。お出かけ直前ではなく、出かける30分~1時間前に使うと効果を最大限に引き出せます。

布地に防水効果が定着するまでの時間が必要です。特に雨の日のお出かけの際は1時間前に防水スプレーを使うと効果をしっかりと感じることができます。

使い方一つで効果にも差が出るので、使用する時間も大切なポイントですね。
この方法はダイソーやセリアの防水スプレ―に限らず、一般的な防水スプレ―も同じです。

時計

正しい使い方で100均の防水スプレーの効果を引き出すことができます。安いのでまとめて買っておくと便利です。70ml入りなので大きなものを防水するには、1本では少し足りない場合あります。

しっかり撥水をしたいならムラなくスプレーをする必要があるので、余裕を見て本数を準備しておくと良いでしょう。

また、雨や雪の時期は1週間に1度くらいの頻度で防水スプレ―を使用すると水がしみ込みにくくなります。ダイソーやセリアで防水スプレ―を見つけた時には、買っておくと便利ですね。

③使えない素材を確認しよう

ダイソーやセリアの100均防水スプレーには使えないものもあります。一般的に販売されている防水スプレーと同じように、綿やポリエステルなどには効果があります。

しかし、革製品、合成皮革、絹などには不向きです。使える素材としては、ドライクリーニングができるものとなっています。

一般的な防水スプレ―も革製品や合成皮革、絹などには専用の防水スプレ―を使用します。用途に合わせた防水スプレ―を使うことが大切です。

衣服

ダイソーやセリアの100均防水スプレーは安いですが、製品の効果としては他の防水スプレーに劣りません。正しい使い方で大切な靴などを雨や雪から守ります。

高価な靴などに使う時には目立ちにくい部分で防水スプレ―を試しておくと安心です。シミができないか、確認をしてから使うことをおススメします。

100均の防水スプレーの使い方!使う場所と注意点は?

ダイソーやセリアの100均防水スプレーには可燃性のLPGが使われています。缶に使い方のポイントが書かれていますが、火気の近くでの使用はできません。

また、火気を使っている室内で大量に防水スプレ―を使用することもできません。安全面にも十分注意して、防水スプレ―を使いましょう。

ベランダ

ダイソーやセリアの100均防水スプレーを使用するのに適している場所はベランダや玄関です。もちろん、庭などの屋外も良いですね。換気の良い場所で使用し、防水スプレーを吸いこまないように注意することも必要です。

使い方のポイントとしては、換気の良い場所で使うこと、火気厳禁、防水スプレーを吸いこまないように注意することです。

この他の注意点として、玄関などで防水スプレーを使用すると床部分に防水スプレ―がつき、滑りやすくなる場合があります。極力、床などに直接、防水スプレ―がかからないように注意しましょう。

傘

お気に入りの傘の防水、撥水効果が落ちてしまった場合にもダイソーやセリアの100均防水スプレーは効果があります。安いのでまとめ買いもできますね。

傘にダイソーやセリアの防水スプレ―を使う場合は、布地の部分だけでなく、傘の骨の部分にも防水スプレ―を噴射しましょう。傘の骨の部分の布地にもしっかりと防水効果を持たせることで、愛用の傘を長く使うことができます。

靴

布地の靴は水がしみ込みやすいので、ダイソーやセリアの100均防水スプレーを使うことで防水効果や撥水効果ができます。水がしみ込みにくくなるので、汚れにも強くなりますよ。

布の部分に防水スプレ―を使用します。その時にゴムの部分には、防水スプレーがつかないように注意します。ゴムのつくと変色してしまう場合があります。

使い方は防水スプレ―の缶にも記載されています。注意して読み、ポイントをおさえて、失敗のない使い方をしましょう。

100均の防水スプレーの売り場は?

100均防水スプレーの売り場は、各店舗によっても違いがあります。「雨製品」や「靴製品」の売り場に置かれていることが多いです。

近所のダイソーを覗いてみたところ、「靴製品」売り場に靴の中敷きやお手入れ用品などと並んで置かれていました。売り場が状態では見つけにくい場合もありますが、「靴製品」売り場になければ「雨用品」売り場に置かれている確率が高いです。

店内

近所のセリアでは「雨製品」売り場にレインコートやカサなどと並んで置かれていました。

100均の場合、店舗によって100均防水スプレーが在庫切れになっていたり、季節のよって取り扱っていない場合もあります。探しても見つからない時には、店員さんに確認をしてみましょう。

女性

100均で安い防水スプレーを見つけた時はある意味、チャンスかもしれません。雨や雪などから傘や靴、バッグや衣服を守るために購入しておくと、いざという時に大変便利です。

100均防水スプレ―を見つけた時はチャンスと覚えておきましょう。

100均防水スプレーで大切な靴を雨から守ろう!

ダイソーやセリアの100均防水スプレーは安いのでまとめ買いをしておくと便利です。急な雨や雪から大切な靴を守ってくれます。靴の他、傘やバッグ、衣類などの防水にも効果があります。

100均防水スプレーが使える生地は、ドライクリーニングができるものとなっています。コットンやナイロンなどは水がしみ込みやすいので、100均防水スプレーでガードしておくと良いですね。

100均防水スプレーを使う前に目立ちにくい部分にスプレーして、シミなどができないか確認をしておくとさらに安心です。

靴

お気に入りの靴を長く履くためにも100均防水スプレ―は大活躍です。安いのでまとめ買いをしている人も多いそうです。

ホームセンターなどで販売されている防水スプレーよりも容量が小さめなので、たっぷり使かいたい時には1本だけだと足りない場合もあります。

ダイソーやセリアなどの100均は、商品の入れ替えも早く、在庫切れになることも多々あります。また、季節によっては取り扱っていない時期などもあります。商品を見つけた時に購入しておくと、いざという時にサッと使えますね。

傘と長靴

ダイソーやセリアの100均防水スプレ―は、あると便利な商品です。大切な靴を雨から守るためにダイソーやセリアの100均防水スプレ―を探してみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

Original
この記事のライター
konabe1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ