100均ランドリーバスケット5選!おしゃれな大容量も!

洗濯物のストックにランドリーバスケットを活用しておられる方は多いでしょう。実はダイソーやセリアなどの100均でも、おしゃれで機能性が高いランドリーバスケットを買うことができます。ダイソーやセリア、100均で買うことができるにはどのような種類があるのでしょうか。

100均ランドリーバスケット5選!おしゃれな大容量も!のイメージ

目次

  1. 1100均ダイソー・セリアのランドリーバスケットが便利で優秀!
  2. 2【ダイソー】のランドリーバスケット①メッシュバスケット
  3. 3【ダイソー】のランドリーバスケット②ソフトタイプ ランドリーバスケット   
  4. 4【ダイソー】のランドリーバスケット③布タイプ ランドリーバスケット
  5. 5【セリア】のランドリーバスケット①ランドリーバスケットL ロゴ柄
  6. 6【セリア】のランドリーバスケット②ランドリーバスケットM ロゴ柄
  7. 7100均のランドリーバスケットのアイデア活用術7選!
  8. 8100均のランドリーバスケットの売り場は?
  9. 9100均のランドリーバスケットで洗濯も楽々♪

100均ダイソー・セリアのランドリーバスケットが便利で優秀!

家事の中でもとりわけ「面倒くさい」と思える作業の一つが『洗濯』であることに、多くの方が同意されるのではないでしょうか。

どれだけ洗濯を効率的にやろうと思っていても、どうしても後回しになってしまうことが多く、気付いたらまだ手を付けていない洗濯物でいっぱいになっていたという経験がおありかもしれません。

溜まった洗濯物

そこで活用できるのが、まだ洗濯していない洗濯物を入れておける『ランドリーバスケット』という製品です。すでに活用しておられる方は多いと思われますが、このランドリーバスケットやバッグが、100均で購入できるということをご存知でしたか?

実は、本来であれば千円以上する商品も珍しくないランドリーバスケットやバッグは、ダイソーやセリアなどの100均でも色々な種類のランドリーバスケットを買うことができるのです。中には、折りたたみが可能なタイプのものも100均で販売されています。

それで今回は、100均ブランドであるダイソーとセリアで売っているランドリーバスケットやバッグ類を、種類別に紹介していきたいと思います。きっとランドリーコーナーに『手を付けられない洗濯物を放り投げている状態』の方でも、すぐに財布を手に100均へ走って、購入したくなることでしょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

【ダイソー】のランドリーバスケット①メッシュバスケット

洗濯物が溜まっていってしまう原因の一つとして、「中身が見えにくいカゴに服を入れっぱなしにしてしまう」ということがあります。どれだけ洗濯物が溜まっているのかをひと目で確認することができませんので、そのままで放置してしまうことがあります。

しかし、その点ダイソーで販売しているランドリーバスケットの一つ、『メッシュBOX(メッシュバスケット)』は、外から中に入っている洗濯物のストックが見やすいので、おすすめできます。

また、100均商品でも、ワイヤーのおかげできちんと自立するタイプのメッシュバスケットが多く、中に入れた洗濯物の重みで潰れてしまわないのも、100均メッシュバスケットの便利な点です。ただし、入れすぎには注意しましょう。

メッシュバスケットの特徴・サイズ

メッシュバスケットはダイソー・セリアどちらでも販売されているのですが、ダイソーで販売している『メッシュBOX』とはサイズが異なります。

ダイソーでは、大きいサイズも多く販売されていますが、コンパクトなサイズのメッシュバスケット、バッグも多種類販売されています。

ランドリーコーナーの広さや、いつもの洗濯量を考慮して、好きなサイズを選ぶことができるでしょう。

値段は、サイズによって100円以外のものもあります。

メッシュバスケットのメリット・デメリット

ダイソーのメッシュバスケットのメリットは何と言っても『中身が見える』という点です。中身が見えることによって、視覚的にどれだけ洗濯物が溜まっているかがすぐに分かるので、便利です。

デメリットは、メッシュタイプのものはポリエチレン製やシリコン製のものと比べて、そこまで強度を期待できない、という点です。内側に洗濯物をある程度入れても、限度を守れば破れることはあまりないものの、外側から何かに引っ掛けてしまうと破れやすい、という弱点があります。

ですからデメリットというよりは、取扱い方の点では、少し注意するべきでしょう。

【ダイソー】のランドリーバスケット②ソフトタイプ ランドリーバスケット   

ダイソーのランドリーバスケット、おすすめ商品の2つ目は『ソフトタイプ ランドリーバスケット』です。

ダイソーのソフトタイプはメッシュタイプとは異なる、いわば「一般的なタイプ」のランドリーバスケットです。もしかするとこのソフトタイプのランドリーバスケットを愛用している、という方が多いかもしれません。

またダイソーでは、値段が100円のものだけではなく、200円~500円という値段の同タイプランドリーバスケットやバッグも取り扱っているようです。

ソフトタイプのランドリーバスケットの特徴・サイズ

ダイソーソフトタイプランドリーバスケットの特徴は、非常にシンプルなつくりであり、様々なサイズが用意されているという点です。

この商品はポリエチレン製で、シリコン製のランドリーバスケット等とはまた異なった安定感があります。

値段は、サイズによって100円~500円と幅があり、他の種類と同様、サイズ(容量)に比例して、ダイソーでの値段も高くなっています。

ソフトタイプのランドリーバスケットのメリット・デメリット

ダイソーのソフトタイプランドリーバスケットを使用するメリットは、メッシュタイプやシリコン製のランドリーバスケットよりも安定性がある、という点です。

特に、ランドリーコーナーが狭い、という方はランドリーバスケットが倒れないという安定性を求められる方も多いでしょう。ですからランドリーバスケットに安定性を求められる方は、こちらを購入すると良いでしょう。

さらに、バスケットに取手が付いているタイプが多く、洗濯物を入れたままの持ち運びにも適しています。ランドリーコーナーに置いて置かなくても、着替えをよくする場所に置いておき、洗濯が必要になった段階で持っていく、という方にもダイソーのソフトタイプは便利です。

ランドリーバスケットを持ち運ぶ女性

ただし、中身は覗き込まないと見えないというデメリットもあります。メッシュタイプのランドリーバスケットは中身が見えるのに対して、こちらは大きい容量のバスケットを選ぶほど、溜め込んでしまうことがあります。

使う人の使い方にもよりますが、できるだけ洗濯物は溜め込みたくない!という方はメッシュタイプのランドリーバスケットの方が良いかもしれません。

また、素材の特性上折りたたみはできません。使用していないときにしまっておきたい場合は、折りたたみが可能な布製やシリコン素材のものを選びましょう。

こちらも、サイズによってダイソーでの値段は異なります。

【ダイソー】のランドリーバスケット③布タイプ ランドリーバスケット

多くのダイソーで、よく見える位置に並べられていることが多いのが、この『布タイプ』のランドリーバスケットです。

このように、とてもおしゃれなデザインとなっています。

布タイプのランドリーバスケットの特徴・サイズ

ダイソー布タイプランドリーバスケットの特徴は、まずそれぞれの商品に異なったデザインが印字されておりとてもおしゃれ、という点です。

もちろん洗濯用品だけではなくインテリアの一部としても機能しますので、リビングや寝室等でランドリーバスケット、バッグ以外としての用途にも使えるので、とても便利です。

サイズも、他のタイプのランドリーバスケットと同様大きいものから小さいものまで様々なサイズと値段が用意されており、毎日の洗濯物の量や、用途に合わせて選ぶことができます。

布タイプのランドリーバスケットのメリット・デメリット

ダイソーの布タイプランドリーバスケットやバッグのメリットは、見た目(デザイン)が良い、という点です。折りたたみももちろん可能です。

どんな自宅のランドリーコーナーにも合いますし、良い意味で生活用品らしくないので、インテリアの中でも悪目立ちしません。強度もそれなりにあるため、ランドリーバスケット以外での活用をしておられる方がおられます。

(ただし普段使いのバッグとして使用するには、少し特徴的すぎるかもしれません。)

ただその反面、このタイプのランドリーバスケットやバッグは生地が汚れやすいのと、置いて使う分には安定性が他のタイプに比べて劣る、という点には注意です。

ランドリーバスケットやバッグは汚れても気にしない、という方にはあまり気にならないデメリットでしょう。

【セリア】のランドリーバスケット①ランドリーバスケットL ロゴ柄

ここまでは、ダイソーのランドリーバスケットやバッグを紹介してきました。ここからは、インテリアがお好きな方にはすでにおなじみのブランドである、セリアのランドリーバスケットやバッグを紹介していきます。

最初にご紹介するのは、セリアの『ランドリーバスケットL ロゴ柄』です。

このセリアのランドリーバスケットは、今まで紹介してきたランドリーバスケットに比べ、どちらかというとデザイン性を優先させたランドリーバスケットとなっています。

セリアのランドリーバスケットLの特徴・サイズ

セリアの『ランドリーバスケット ロゴ柄』は、ポリ素材を使用しており、簡単に言えば「取手のない頑丈な紙袋」というイメージです。

サイズは4つ用意されており、この『ランドリーバスケットL』は45リットルの方です。サイズによってそれぞれ異なったデザインとなっているのも特徴です。

セリアのランドリーバスケットLのメリット・デメリット

セリアのランドリーバスケットは、「洗濯物を入れる」という用途でも使用することはできますが、どちらかというと液体洗剤や柔軟剤など、洗濯に必要なものを入れておくのに便利でしょう。

デザイン性が良いため、リビングやキッチン、普段遣いにも使用できます。また、折りたたみが可能なので省スペースに貢献します。

30リットルと45リットルのどちらかを選ぶことができますが、一つだけでランドリーバスケットとしての役割をさせるには少し不安定です。

容量・値段が違うものと組み合わせたり、カゴの中に入れて使うことで、安定性を確保できます。

【セリア】のランドリーバスケット②ランドリーバスケットM ロゴ柄

セリア『ランドリーバスケットL ロゴ柄』の、容量が小さい方のランドリーバスケットが、セリア『ランドリーバスケットM ロゴ柄』です。

セリアのランドリーバスケットMの特徴・サイズ

セリアの『ランドリーバスケットM ロゴ柄』は、『ランドリーバスケットL ロゴ柄』よりも小さいサイズのランドリーバスケットとなっています。

サイズだけでなく、デザインも異なっています。サイズで選ぶという選び方もありますが、こだわらないのであればデザインで選ぶこともできるでしょう。

セリアのランドリーバスケットMのメリット・デメリット

セリアのランドリーバスケットMは、コンパクトなので場所は取りませんが、Lサイズのものよりもサイズが小さいため、そこまで多くのものを入れることはできません。

ですから服を入れる、という使い方よりも、どちらかというとランドリー周りの小物を収納する、または仕分ける、という使い方の方が良いかもしれません。

『ランドリーバスケットL』と同様、使用していないときは折りたたみが可能です。

100均のランドリーバスケットのアイデア活用術7選!

アイデア

ここまで、セリアやダイソーのランドリーバスケット数種類を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。100均には個性的なランドリーバスケットやバッグ類が揃っており、機能性、デザイン、どちらでも重視したものを100均で選ぶことができます。

しかし、いざ買ったからには上手に活用したいですよね。

そこでここからは、100均ランドリーバスケットの様々な活用アイデアを紹介していきたいと思います。すでに日常生活で活用している、という方も、新たな活用法を発見できるかもしれません。

皆さんはこれから紹介するいくつかの方法は「アリ」だと思いますか?

①袋を設置してゴミ箱に

1つ目の方法は、中にちょうどよいサイズの袋を設置して、自立型のゴミ袋にする、という方法です。

自宅にゴミ箱を設置していない、という方はほとんどおられないと思いますが、ゴミ箱が『部屋に合うかどうか』、ゴミ箱の『デザインは空間にマッチしているか』という点を考えてゴミ箱を設置している、という方はそう多くないでしょう。

ダイソーやセリア等100均のランドリーバスケットはとてもシンプルで空間にマッチしやすいものが多いので、中に袋を入れてゴミ箱として使用するのは、十分「アリ」ではないでしょうか。

また、折りたたみが可能なのでゴミ箱として使っていないときは別の場所にしまっておくことができ、便利です。

②新聞や紙袋の収納に

ランドリーバスケットは、種類によって、サイズが大きく異なります。特に大きいサイズのダストボックスは、それ単体で収納用品として活用することができます。

ダイソーやセリアのランドリーバスケットやバッグを収納として活用するなら、あまり大きい収納用品を置けないようなスペースも収納スペースとして確保することができるでしょう。布タイプのものは折りたたみが可能ですし、特に、床にものを置きっぱなしにしがちな方には、おすすめです。

よって、ランドリーバスケットを、ゴミ箱ではなく新聞や紙袋の収納として活用するのは、十分「アリ」だと言えます。

もしこの方法で活用するなら、布製、シリコン製、ポリ製など、素材にも注意して選びましょう。

Thumb100均ダイソー・セリアの新聞ストッカー8選!インテリアにも!
100均と言えばダイソー・セリア・キャンドゥなどを想像される方が多いと思います。今回はそんな...

③ティッシュやキッチンペーパーの収納に

ダイソーやセリアのランドリーバスケットやバッグは、ティッシュやキッチンペーパーの収納にも活用できます。

これは、意外な盲点かもしれません。

コンビニやスーパーなどで買ったティッシュペーパーの箱は様々なデザインがあります。単に使用するなら何も問題はないのですが、箱のデザインが主張し過ぎているものは、あまりインテリアに適している、とは言えないでしょう。

ですから、それらティッシュペーパーやキッチンペーパー等の紙類を目隠しする目的や、在庫入れとして100均のランドリーバスケットを活用することができるかもしれません。

これも十分「アリ」な方法ですが、無駄にならないよう100均で購入するランドリーバスケットのサイズには注意しましょう。

④水や食品の収納に

住まいによっては、普段使用する服や日用品を収納するスペースは充分にあるのに、水や食品などを在庫としてストックしておける手段や場所がない、という方は少なくありません。

バスケットに入った果物(画像はイメージ)

そのような場合にも、100均のダストボックスを活用することができます。

この場合は、ただそれらの物品を適当に入れるだけではなく、ジャンルに分けてシールを貼っておくなどすると、いざ使用したい、という時に便利でしょう。

おすすめの素材はポリエチレン製やシリコン製のものです。これも「アリ」な方法なので、ぜひ活用してみましょう。

⑤鞄や大判ストールの収納に

部屋を綺麗にする第一歩目は「ものを捨てる」ことである、とよく言われていますね。しかし、どうしても捨てたくない、捨てるタイミングがない、というものは誰にでもあるものです。

積まれたストール

そういった、「普段使わないけど、捨てられないもの」を収納しておくためにも、100均のランドリーバスケットを活用できます。たとえばそれには、使わなくなった鞄や大判ストールなどが含まれるかもしれません。

「どうしても捨てられない」ものを仕舞っておくために100均のランドリーバスケットは有効活用できます。

もちろん、そのランドリーバスケットが単なる服の投函口となってしまわないように注意はするべきです。

⑥収納庫の整理に

自宅に、収納に特化した場所、スペースを持っておられる方は少なくないでしょう。

これは④とも繋がってくる話ですが、大量にストックしておきたい在庫品を、どのようにしてジャンル分けして、分かりやすく、必要なときはいつでもすぐ取り出せるようにしておけば良いか、という問題があります。

例えていうならば、押し入れにすのこを活用して棚を作り、仕切りを作ってジャンル分けする、というような強引な方法もあります。ただ、スペースにものを押し込むだけでは、使いたい時にまとめて取り出すことには向いていません。

また、どんどん増えていく在庫を管理するという面で見ればあまり効率的ではありません。

冷蔵品の仕分け

そこで、100均ランドリーバスケット等を用いて、今収納している日用品や非常用の食料や着替えを分けて収納することによって、スペースを目一杯活用し、ジャンルごとに仕分けることが可能です。

また、似たような活用例として、上記の写真のように冷蔵庫・冷凍庫に収納された食品を取り出しやすく仕分けるためにも活用できます。この場合、シリコン製の容器と組み合わせることもできるかもしれません。

ストック品の管理や仕分けが面倒くさいという方でも、100均ランドリーバスケットを活用した方法なら、すぐにでもできるので、「アリ」な方法です。

⑦クローゼットの整理に

最後の活用方法としては、クローゼットの整理に活用する、という方法があります。

クローゼットの中身

着る服はたいてい季節によって替えますが、月に一度や二度しか来ない服、逆にいつも着るけれどハンガーにかけておく必要のない、使用頻度の低い服等の収納に困ることがありますよね。

ダイソーやセリア、100均のランドリーバスケットは、服を折りたたんで入れる用途に適した大きさのものが多いので、そういった場合にも活用することができます。

100均のランドリーバスケットの売り場は?

店内写真(イメージ)

ここまで様々な種類や活用法を紹介してきた、100均のランドリーバスケット。ダイソーやセリアでは店舗によって販売している種類が少ないと、売り場がわかりにくいということがあるかもしれません。では、100均店舗内での売り場はどこなのでしょうか。

売り場はダイソーやセリア等100均の店舗ごとに異なりますが、ランドリーバスケットは主に「日用品」「収納用品」売り場コーナーに陳列されています。(別の売り場にある関連性の高い商品と、別々に陳列されていることもあります)

もし売り場が分からない場合は、気軽にダイソーやセリアの店員さんに売り場を聞いてみましょう。

100均のランドリーバスケットで洗濯も楽々♪

干されている洗濯物

いかがでしたか?ランドリーバスケットという日用品だけでも、100均には様々な種類・デザインのものが売っていることにお気づきになられたことでしょう。素材も布製、ポリエチレン製、シリコン製など様々です。

まだ洗っていない洗濯物や洗濯用品を入れておくだけでなく、ランドリーバスケットやバッグは日用品や服の収納として普段使いも勿論可能です。

この記事でランドリーバスケットの魅力に気づかれた方は、ぜひダイソーやセリアのランドリーバスケット、バッグを活用してみてくださいね。

Thumb100均のランドリーバスケット7選!おしゃれで実用的!ソフトも!
100均ダイソーやセリアにはお洗濯に便利なランドリーバスケットも取り扱っています。今回はそん...
Thumbランドリーバスケットのおすすめ人気25選!便利&インテリアにも!
お洗濯するときに欠かせないランドリーバスケットですが、どんなバスケットをどのように使っていま...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
NEEDS

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ