不倫セックスの頻度はどのくらい?セックス時の注意点も!

現在不倫セックスに溺れている人もいるでしょう。ある出会いがきっかけとなり、不倫セックスにハマってしまう人もいます。でも不倫セックスの頻度が少ないと感じている人もいるかもしれません。不倫セックスの頻度はどのくらいなのか、セックス時の注意点もまとめてみました。

不倫セックスの頻度はどのくらい?セックス時の注意点も!のイメージ

目次

  1. 1不倫セックスの頻度は?誰にも相談できない悩み!
  2. 2不倫セックスの出会いのきっかけ3つ!
  3. 3不倫セックスの頻度はどのくらい?
  4. 4不倫セックスの頻度を決める要素5つ!
  5. 5不倫セックスの行為中の注意点3つ!
  6. 6不倫セックスは危険?リスクを防ぐ注意点6つ!
  7. 7不倫セックスを楽しむために「2人目」のススメ!
  8. 8不倫セックスはリスクを承知した上で行おう

不倫セックスの頻度は?誰にも相談できない悩み!

不倫セックスの頻度が多いのか少ないのか気になっている人もいるでしょう。不倫セックスをしている人自体少ないと言えますし、不倫に良いイメージを持っている人はいません。ですから誰にも相談できず、悩んでいる人もいるはずです。

女性

不倫セックスをしていることが周りにバレてしまったら、大変なことになってしまいます。不倫をするということはリスクがつきものです。誰にも相談できない悩みである不倫セックスについて、詳しく見ていきましょう。

不倫セックスの出会いのきっかけ3つ!

不倫セックスをしたいと思っている人も中にはいるでしょう。不倫セックスをするには、どこで出会いがあるのでしょうか?不倫セックスの出会いのきっかけを3つご紹介します。

職場での出会い

不倫セックスの出会いのきっかけは、職場での出会いです。職場は若い人から既婚者の色気がたっぷりな人まで豊富に揃っている宝庫と言えます。

女性の場合、結婚しても共働きで働いている人なら、なかなか出会いがなくても、職場なら出会いのきっかけとなることも多いのです。

同じ職場で同じ悩みを分かち合い、相談相手になっているうちに恋愛に発展し、そこから不倫セックスに走ってしまうことも考えられるのです。

職場
Thumb職場の好きな人と距離を縮めたい!取るべき行動7選&NG行動6選も!
職場の好きな人と距離を縮めたい人も多いはずです。そこで今回は職場にフォーカスして好きな人と距...

子供に関連する行事から

不倫セックスの出会いのきっかけは、子供に関する行事から出会いが生まれるということもあります。例えば子供の通う小学校の先生や、子供の親との出会いなどです。

禁断の出会いがきっかけとなり、不倫セックスだけではなく、W不倫セックスに至るケースまで出てくるのです。

親子
ThumbPTA不倫の実態とは?きっかけやハマりやすい人の特徴も!
子供のためにPTA活動をする保護者は多いですが、実はこのPTAという組織内ではPTA不倫とい...

元恋人の関係から

不倫セックスの出会いのきっかけは、元恋人の関係から発展することです。元恋人が忘れられなくて結婚したという場合もあります。結婚してからもずっと元恋人のことを忘れられなかったという人もいるのではないでしょうか。

元恋人とは一度はお互いに愛し合った関係です。自分のことを理解してくれる元恋人との恋が再燃し、不倫セックスのきっかけになることも考えられるのです。

男女
Thumb不倫のきっかけ15選!不倫する人の心理や特徴も男女別に紹介!
テレビなどで不倫の話題を見かけると「自分には関係ない」と思うことありますよね。しかし、不倫の...

不倫セックスの頻度はどのくらい?

「不倫セックスの頻度はみんなどれくらいなの?」と気になっている人も多いのではないでしょうか。多いか少ないか誰にも聞けない悩みですよね。不倫セックスの頻度について調べてみました。

不倫セックスの頻度は「人それぞれ」

不倫セックスの頻度は人それぞれだと言えます。どれだけ外で会う回数があるのかが関係してくるでしょう。結婚していたら、もちろん既婚者の家にはリスクが高すぎて行けません。

会う機会が多いと、毎回ホテルだけとはいかなくなってくるため、相手が一人暮らししているかによっても変わってくることもあります。

男性
Thumbカップルの理想的なセックスとは?頻度や長続きするセックスの特徴も!
世のカップルはどのくらいの頻度でセックスをしているのでしょうか。また、セックスがマンネリ化し...

「頻度が低い=愛がない」とは言えない

不倫セックスの頻度が低いからといって、愛がないとは言えないのです。前述した通り、外で会う回数によっても不倫セックスの頻度も変わってくるでしょう。セックスは愛情表現の1つです。

しかし頻度が低いからといって、愛されていないというわけではありません。状況によっても変わってくるので、あまり気にすることはないです。

女性

不倫セックスの頻度を決める要素5つ!

不倫セックスの頻度が少ない多いというのを決める要素というものがあります。この要素を見て、自分はこれに当てはまるから頻度が少ないのだなという目安になるでしょう。5つご紹介します。

外を出歩ける頻度

不倫セックスの頻度を決める要素は、外を出歩ける頻度によって決まるということです。お互いが外に出歩ける機会が少ない場合は、当然不倫セックスの頻度も少なくなります。不倫セックスの頻度を増やしたいなら、外に出歩ける機会を増やすことです。

外出

子供の有無

不倫セックスの頻度を決める要素は、子供がいるかいないかによって決まってきます。相手に子供がいると、休みの日は子供と遊んであげる日になったり、どうしても子供優先の生活になります。

子供を顧みず不倫に走っている状態なら、すぐ家族にもバレてしまうでしょう。子供がネックとなり、会える回数が少ないということに繋がってくるのです。

子供

共働きか専業主婦か

不倫セックスの頻度を決める要素は、共働きか専業主婦かにもよります。共働きの場合は、女性も働きに出るので、お互いに干渉しあうこともないでしょう。

しかし専業主婦の場合は、家にいることも多いので、頻繁に外に出歩いているのを見られたら、不倫がバレる可能性も考えられます。ですから女性の場合は、働いている方が自由に外を出歩きやすいといえます。

キッチン

仕事の忙しさ

不倫セックスの頻度を決める要素は、仕事の忙しさです。男性でも女性でも目まぐるしく働いていて、家に寝るだけに帰ってきている人もいるのではないでしょうか。

仕事が忙しいと会う回数も少ないため、当然不倫セックスの頻度も少ないと言えます。仕事が忙しくて寂しい思いをするかもしれませんが、仕事が理由なら仕方がないと言えるでしょう。

仕事

不倫相手との距離

不倫セックスの頻度を決める要素は、不倫相手との距離です。不倫相手とどれくらいの距離感を保っていますか?

距離が縮まっていれば、会う回数も多くなり、不倫セックスの頻度も多くなります。しかし不倫も刺激的で大事だけど、家庭の方が一番大事だという場合は、不倫は後回しなのです。

家庭での用事がない時に暇つぶしにというので、会っているという可能性も考えられます。そうなると、不倫セックスの頻度も少ない状態になってしまうのです。

女性

不倫セックスの行為中の注意点3つ!

不倫セックスの行為中の注意点があります。注意点を覚えて、リスクを回避しましょう。3つご紹介します。

会ってすぐにセックスを求められても応じる

不倫セックスの行為中の注意点は、会ってすぐにセックスを求められても応じることです。不倫セックスは愛を求めているというわけではなく、不倫でのセックスにスリルを感じて、セックスを楽しみたい関係というところもあります。

ですからセックスを拒否したら、それまでの関係で終わってしまいます。会ってすぐにセックスを求められても、お互い割り切って楽しむということに集中して応じることが大切です。

男女

絶対に避妊する

不倫セックスの行為中の注意点は、絶対に避妊することです。どちらかが家庭を持っていて、子供がいる場合もあります。一時の快楽だけに溺れて、避妊を怠ってしまうと、万が一妊娠してしまった時にリスクを伴います。泥沼裁判にもなりかねません。

特に男性の場合、避妊したら気持ち良くないと避妊しないでセックスしたがる人がいるのも事実です。しかし避妊しないで不倫セックスを楽しんで、辛い思いをするのは女性の方です。

もし男性が避妊したくないと言っても、必ず避妊してもらうようにすることが大切です。避妊に失敗することも考えられるので、避妊は男性だけに任せないことです。女性の方もピルを飲んだり、避妊リングを装着したり、できることを考えましょう。

男女

二人っきりの時は思う存分いちゃいちゃする

不倫セックスの行為中の注意点は、二人っきりの時は思う存分いちゃいちゃすることです。外ではいつバレてしまうかわからないので、堂々といちゃいちゃすることはできません。

しかし二人っきりの時は、誰も見ている人がいないので、思う存分いちゃいちゃを楽しむことができます。二人っきりで愛を確かめ合ってください。

男女

不倫セックスは危険?リスクを防ぐ注意点6つ!

不倫セックスをすることでリスクを伴う危険性があります。リスクを防ぐ注意点を6つご紹介します。

家族や会社にバレた時のリスクを知っておく

不倫セックスのリスクを防ぐ注意点は、家族や会社にバレた時のリスクを知っておくことです。不倫セックスをうまく隠してしているつもりでも、どこでバレるかわかりません。バレることを怖れて、ビクビクしながら不倫セックスを楽しむことにもなります。

もし家族にバレた時は離婚や慰謝料請求、会社にバレた時は居づらくなってしまうため退職せざるを得ない状況になるリスクも考えられるのです。不倫セックスは楽しいことばかりではないのです。

男性

本気になりすぎないように注意

不倫セックスのリスクを防ぐ注意点は、本気になりすぎないように注意することです。不倫セックスはあくまでセックスを楽しむ関係だと割り切ることが大切です。愛し過ぎてしまってお互い本気になることで、大事なものも全て失ってしまうのです。

ですから本気にはならずに、不倫セックスしている時だけ愛し合う関係を築いていくことが、不倫セックスを続けていくために必要なことです。

女性
Thumb不倫相手が本気で好きになったら?遊びで終わらせないコツ6選も!
不倫相手が本気で好きになったら?どうしますか?実は不倫相手を本気になるシーンは多いのです。遊...

呼び方でボロが出ないようにする

不倫セックスのリスクを防ぐ注意点は、呼び方でボロが出ないようにすることです。奥さんと不倫相手の名前を間違えたりすることは、不倫をする上であるあるなことです。

うっかり不倫相手の名前を口走ってしまうことで、今まで隠してきた不倫セックスの事実が周りにバレてしまうようになるのです。ですから呼び方でボロが出ないように注意しましょう。

女性

人前でいちゃいちゃしない

不倫セックスのリスクを防ぐ注意点は、人前でいちゃいちゃしないことです。ラブラブなカップルは、人前で愛し合っているのを見せびらかしたいという人もいるかもしれません。

しかし通常の恋愛なら人目をはばからずに愛し合っても、恥ずかしいという気持ちがないなら問題ありませんが、不倫関係だといつどこで知り合いが見ているかわからないのです。「あの時いたの〇〇だよね?」なんて言われることもあるでしょう。

苦し紛れの言い訳をしてバレることも頭に入れておく必要があります。不倫していることがバレたらリスクを伴うので、人前ではいちゃいちゃしないことです。

ノー

不倫に関する相談を周囲の人にしない

不倫セックスのリスクを防ぐ注意点は、不倫に関する相談を周囲の人にしないことです。不倫をしていることで悩みもあるでしょう。しかしどんなに親しい友人だとしても、不倫の悩みを打ち明けるのは避けることです。

親しい友人だとしても、そこから瞬く間に噂が広がっていく可能性も考えられます。バレたら家庭から仕事まで全て失うことになってしまうのです。

友達

関係がバレそうになったらすぐに別れる

不倫セックスのリスクを防ぐ注意点は、関係がバレそうになったらすぐに別れることです。不倫セックスをしていることをバレないようにしていても、どこかでバレる日が来る可能性もあります。

関係がバレそうになったら、もう不倫関係は終わりです。バレる前にすぐ別れてリスクを回避することが大切です。

男女

不倫セックスを楽しむために「2人目」のススメ!

不倫セックスを楽しむためには、「2人目」を作るのがいいと言われています。どうして「2人目」を作るといいのか見ていきましょう。

不倫セックスで怖いのは、相手にハマりすぎること

不倫セックスで怖いのは、相手にハマりすぎることなのです。不倫相手に本気になることで、家庭を壊してでも一緒になりたいという気持ちが強くなります。恋は盲目と言われていますが、一時の愛情で周りが見えなくなってしまっているのです。

相手にハマりすぎることを回避するために、2人目の不倫相手を作るのが望ましいという考え方もあります。

男女

2人目を作るメリット①性欲を満たすことができる

2人目を作るメリットは、性欲を満たすことができるということです。1人の不倫相手だけでは物足りないなと思う時もあるでしょう。2人目を作ると、また違った刺激を得ることができ、性欲が満たされます。

セックス

2人目を作るメリット②夢中になりすぎない

2人目を作るメリットは、夢中になりすぎないことです。1人の不倫相手だと本気になってしまう可能性があります。しかし2人目を作ると、愛情が分散されて、1人の不倫相手に本気になることはなくなるのです。

女性

不倫セックスはリスクを承知した上で行おう

出会いがきっかけとなり、不倫セックスを楽しんでいる人もいるでしょう。家庭を持っている人は家庭がうまくいっていない人もいれば、家庭がうまくいっているのに不倫セックスを楽しんでいる人もいるのです。

家庭での何かのきっかけから不倫に走るケースも多く存在します。不倫セックスでの刺激的な関係にハマっていくのです。

ラブ

不倫セックスの頻度が気になっている人もいるはずです。頻度が少ないことで、愛されてるのか不安だと感じる人もいるでしょう。頻度は人それぞれで少ないからといって、愛がないというわけではないのです。

不倫セックスの行為中は必ず避妊をして、女性の場合は自分の身体を守ることが大切です。また、不倫セックスを楽しんでいるうちはいいですが、バレてしまった時にリスクを伴います。リスクについても覚えておく必要があります。

不倫セックスしたいと思っている人もいるかもしれません。不倫セックスはリスクを承知した上で行うようにしましょう!

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
popochan2
記事を読んでくれる皆様の力になれますように。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ