リップティントのおすすめ人気15選!グロスとの違いや落とし方は?

リップティントの魅力を知っていますか?グロスや口紅にない違いや、ティントの塗り方や落とし方、種類などリップティントの魅力に迫っていきましょう。リップティントおすすめ人気15選もご紹介していきます。ティントの危険性や解決方法もご紹介します。

リップティントのおすすめ人気15選!グロスとの違いや落とし方は?のイメージ

目次

  1. 1リップティントの魅力は?
  2. 2リップティントのおすすめ人気ランキング15選
  3. 3【リップティントとは】グロスとの違いは?
  4. 4【リップティントとは】塗り方&落とし方
  5. 5【リップティントとは】どんな種類があるの?
  6. 6【リップティントとは】危険性があるの?
  7. 7お気に入りのリップティントを見つけよう!

リップティントの魅力は?

リップティントといえば、なんと言っても落ちにくいことが魅力的です。韓国で人気が広まり、日本でも注目されている人気コスメです。リップの発色も良く、長時間キープできるのも魅力です。夏のレジャーや、飲食する際にも落ちないため、必須アイテムになるのではないでしょうか。

リップティントのおすすめ人気ランキング15選

落ちにくいのが特徴なリップティントは、普段使いはもちろん、食事中、海やプールなどのリップの取れやすい時にも活躍してくれます。せっかく購入するなら、おすすめのリップティントが知りたいですね。ここでは、リップティントのおすすめ人気ランキング15選をご紹介します。

オペラ

リップティントの中でも人気な「オペラ」は、@cosmoベストコスメアワード2017総合大賞を獲得しているほど、人気のブランドです。オペラのリップティントは、落ちにくいのはもちろん、着け心地良く透明感が人気です。オペラの販売店、通販サイトなど詳しくご紹介していきます。

オペラの販売店

身近にあるドラッグストアなどでの購入はできませんが、PLAZA、ロフト、IT′DEMOなどで店舗販売されています。オペラの公式サイトで、ショップリストが検索できます。また、ネット通販でもAmazon、Yahoo!ショッピング、楽天での購入が可能です。

オペラ ティントオイルルージュ コーラルピンク 

オペラの中でも人気なコーラルピンクは、花嫁リップと呼ばれています。花嫁リップとは、花嫁さんのように幸せな顔に見えることで、花嫁リップと呼ばれています。実際に花嫁さんになったなんて話もあるようです。オレンジに近いピンクで、ピンクに抵抗がある方でも使いやすいです。

オペラ ティントオイルルージュ アプリコット 

アプリコットも人気のカラーで、上品な仕上がりになり、やわらかい印象を与えてくれます。あんずに近いカラーで、健康的なお顔にしてくれます。オペラのリップティントは、リップなしでもツヤ感を与えてくれるので、リピーター率も高いですよ。

オペラ ティントオイルルージュ レッド

オペラのティントオイルルージュの定番カラーで、1本持っていれば、お呼ばれやパーティメイクに活躍してくれるカラーです。1塗りでも発色を感じられますが、2度塗りするとツヤ感もでる仕上がりになります。3度塗りはグロスを塗っているような仕上がりにしてくれます。

オペラ ティントオイルルージュ 限定色

オペラのティントオイルルージュは、限定色が登場するので要チェックですよ。こちらはバレンタイン限定色のピンクフレイズです。赤みがあるピンクで、血色の良い仕上がりにしてくれるカラーです。限定カラーが出る度に即完売になるので、限定色はまめにチェックしてくださいね。

キャンメイク リップティント サクラシロップ

キャンメイクといえば、コスパが良くて人気のブランドです。リップティントもお手頃価格ですから、何本か揃えてみるのもいいですね。発色も長時間キープでき、色落ちしにくいリップティントです。サクラシロップは、ほんのり色付く感じなのでナチュラルメイクにぴったりです。

キャンメイク リップティント ストロベリーシロップ

キャンメイクのリップティントでも、1番発色が濃いタイプがストロベリーシロップです。と言っても、透け感があるクリアなレッドです。まさにシロップのようですが、ベタつき感はありません。サラサラとしたテクスチャーなので、使い心地もいいと評判です。

キャンメイク リップティント チェリージャム

キャンメイクのジャムタイプは、ボトルがクリアで可愛いリップティントです。シロップタイプのレッドより発色がより良いのが、チェリージャムです。血色感のある仕上がりにしてくれます。唇にしっかり色が密着する感じで、唇にしっかりと色が定着してくれます。

キャンメイク リップティント プラムジャム

普段使いに1番使えそうなのが、プラムジャムのリップティントです。落ち着いたカラーで、自然な感じに仕上がります。ウォーターベース処方のため、ベタつきもなく、より落ちにくいのがジャムタイプです。ジャムのようなプルっとしたテクスチャーで染め上げてくれますよ。

カイリジュメイ フラワーティントリップN

カイリジュメイのフラワーティントリップは、デザインが可愛いので持っているだけで気分が上がりますね。見た目はクリアですが、リップに塗るとピンクに色付きます。天然オイルが配合されているので、滑らかなつけ心地と、保湿効果もバッチリです。

カイリジュメイ ギフトラッピングセット

カイリジュメイのリップティントは、ギフトにもおすすめです。リップの中に入っているお花も本物で、キラキラとした金箔もとっても可愛いので、間違いなく喜ばれるプレゼントですね。見た目はもちろん、体温やphで発色が変化するところも魅力的ですよ。

ディアダーリンオイルティント グレープフルーツ

エチュードハウスのオイルティントは、韓国コスメです。リップが落ちないと評判で、発色も良くカサカサしないと人気です。塗り直しが面倒だなと感じる方には、おすすめです。グレープフルーツのカラーは、赤系の強いオレンジ色です。透明感のある仕上がりになりますよ。

Kパレット ラスティングリップティント リッチローズピンク

Kパレットのラスティングリップティントは、スキンケアもできるリップティントです。リップティントは乾燥するなんて声もちらほらあるので、保湿オイルが配合されているのは嬉しいですね。リッチローズピンクは、女性らしい可愛い色合いになっています。

Kパレット ラスティングリップティント コーラルピンク

Kパレットのラスティングリップティントは、細身のタイプで塗りやすいと評判です。コーラルピンクは、唇の血色を良くしてくれて、ぷっくり唇に仕上げてくれます。ツヤと潤いを与えてくれるリップティントは、乾燥する寒い季節にも活躍してくれそうですね。

マキアージュ ウオータリールージュ BE332

マキアージュのウオータリールージュは、名前の通り水ベースのティントタイプになります。ウオーターティントカラーが、水分の中に配合されているので、内側からにじみ出て、自然なカラーやツヤを出してくれます。おすすめのカラーはBE332で、どんなシーンにも使える色です。

ディオール アディクトリップ ティント ナチュラルチェリー

キスプルーフ処方とメーカーさんの言う通り、キスをしても落ちないと言われています。でも相手に色移りしてしまうのでは?と思いますが、不思議なことに色移りしなくて落ちないリップティントです。もちろんウオータープルーフなので、夏のレジャーにはおすすめですよ。

【リップティントとは】グロスとの違いは?

リップティントとグロスのはっきりした違いとは、一体なんでしょう。口紅を塗った後に、グロスを塗るのが一般的ですが、リップティントはグロスはいらないの?ここでは、リップティントとグロスの意味や役割についてご紹介していきます。

ティントの意味と役割

「ティント」とは、英語で染めると言う意味があります。唇を染める役割があるため、色が落ちにくいです。唇の水分量や温度により発色が変わるため、オリジナルのカラーを楽しむこともできます。発色も長時間キープでき、プルっとした仕上がりになるティントも多いです。

グロスの意味と役割

グロスとは、光沢やツヤと言う意味があります。グロスは、唇に光沢やツヤを与え、プルっとした唇に仕上げてくれるアイテムですね。唇自体を立体に見せてくれる役割も持っています。ティントとの違いは、飲食などをしてしまうと落ちやすいのが悩みですね。

グロス×ティントのおすすめメイク術!

グロスとティント両方を使ったおすすめのメイク術をご紹介します。リップティントはナチュラルに発色してくれますよね。ティントだけでもバッチリですが、塗り方にちょっとした手間を加えてあげるだけで、より唇に立体感を出してメイクを楽しむことができます。

立体感のある唇に

グロスとリップティントを使った塗り方で、プルっと立体感のある唇に仕上げてみましょう。①上下の唇の内側にリップティントを塗り、発色したら更に大きめに塗ります。②発色したら全体的に塗りグラデーションを作り上げます。③最後にグロスを塗れば立体感のある唇になりますよ。

【リップティントとは】塗り方&落とし方

リップティントを塗ってみたけど、色持ちが悪い、キレイに塗れないなど、塗り方についての悩みもあるようです。また、リップティントが、クレンジングでキレイに落ちないと言う問題もあるようです。ここでは、リップティントの塗り方や落とし方についてご紹介していきます。

リップティントの塗り方は?

ティントの発色が悪い、思っていた発色と違うなんて悩みもあるようです。そんな時は、ティントを塗る前にコンシーラで、唇そのものの色を消してあげましょう。消すことで、ティントの発色も良くなります。ティントコンシーラも発売されているので、色ムラなども解消されますよ。

リップティントの落とし方は?

ティントの落とし方は注意が必要です。唇はデリケートな部位でもあるので、ゴシゴシとこすったりする落とし方はNGです。優しくなでるように、クレンジングを染み込ませるような落とし方をしてあげましょう。専用リムーバーもあるので、こちらを活用する方法もいいですね。

リップティントにおすすめリムーバー人気3選!

クレンジングで落ちないと感じている方におすすめなのが、リップティント専用リムーバーです。リップティントと一緒に専用リムーバーを購入しておけば、落とす時も面倒がなくておすすめですよ。落とし方も簡単なリムーバーです。ここでは、おすすめリムーバー3選をご紹介します。

資生堂 パーフェクトリムーバー

唇はもちろん、アイメイクにも使えるリムーバーです。水性と油性の2層になっているタイプなので、スーッとメイクを落とすことができます。2層タイプは、使用する前に良く振ってから使ってください。弱酸性で、低刺激なのも嬉しいですね。落とし方も拭き取るだけで簡単ですよ。

Bifesta うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー

こすらなくてもメイク油を浮かして、しっかりメイクを落としつつ潤いも与えてくれるリムーバーです。落とし方も簡単で、コットンに含ませて10秒ほど乗せて優しく拭き取るだけです。保湿や保護成分が配合されているので、お肌にも優しいので安心です。

エチュードハウス オールフィニッシュ リップティントリムーバー

韓国で人気のコスメで、落ちないリップティントをしっかり落としてくれます。エチュードハウスのリムーバーは、どんなティントも落ちると評判も高いです。ジェル状タイプで、唇に浸透した色素をしっかりキャッチし、落とし方も馴染ませ拭き取るだけです。保湿もしてくれますよ。

【リップティントとは】どんな種類があるの?

リップティントを試してみたいけど、いろいろと種類があるみたいで、どれを選んだらいいのかわからないと言う方も多いのではないでしょうか。違いもあるのか気になりますね。自分にあったリップティントを知るために、どんな種類のティントがあるのかご紹介します。

ウォータータイプの特徴とメリット

名前の通りウォータータイプは、液体、水のようなテクスチャーのティントです。サラッとしているので、ベタつかず、塗り方も塗りやすいのが特徴です。また、色落ちしにくいのもウォータータイプの特徴で、お出かけや外食時などに活躍してくれること間違いなしです。

パックタイプの特徴とメリット

パックタイプとは?どんなものか想像がつきませんよね。パックタイプとは、唇にティントを塗って乾いた後に、ペリッと剥がす塗り方です。唇に色が移るといった感じで、新感覚ですね。普通のティントとの違いは、更に落ちにくく、しっかり色づきマットな仕上がりになるようです。

オイルタイプの特徴とメリット

唇が乾燥しやすい人は、オイルタイプのティントがおすすめです。オイルタイプはスルスルと塗り心地も良く、色ムラにもなりにくいです。オイルの効果で、保湿はもちろん色持ちも長時間キープできるのが特徴です。オイルの種類も様々なので、好みのタイプを選んでみてくださいね。

バームタイプの特徴とメリット

唇にティントの色素沈着が心配な方は、バームタイプがおすすめです。発色もナチュラルで、口紅と似ていますから、塗り方も簡単です。塗りやすくムラになりにくいので、ティント初心者に向いていますね。保湿成分配合のリップティントも多いので、ツヤも出ますよ。

グロスタイプの特徴とメリット

あまり派手な発色が苦手な方や、ナチュラルメイクの方はグロスタイプがおすすめです。グロスタイプなのにベタつかないものも多くあるのが特徴です。発色も控えめですから、お仕事メイクにも活躍してくれますよ。グロスなのにベタつかない使い心地がいいですね。

綿棒タイプの特徴とメリット

SNSでも話題の綿棒タイプのリップティントもおすすめです。1本の使いきりタイプなので、お出かけや旅行にも便利ですよ。綿棒の軸にティントが入っていて、見た目も可愛い綿棒タイプ。ちょっとはみ出してしまったなんて時も、反対側の綿棒でオフできるので便利です。

【リップティントとは】危険性があるの?

リップティントとは?と検索をかけると、危険なんて記事も見かけます。リップティントは何が危険と言われているのでしょうか。口紅やグロスにはない危険があるのでしょうか。危険性があるのか気になりますよね。ここでは、リップティントに危険性があるのかをご紹介していきます。

危険性があると言われいている理由①【乾燥しやすい】

ティントを使ってから乾燥したなんて危険な声もちらほら。口紅と違い染めるので原料が違います。染料ですから落ちないため、やはり唇が荒れやすいのは確かです。ティントを塗る前に保湿ケアをしたり、マッサージすることで乾燥の危険はなくなるので、ケアもしっかり行いましょう。

危険性があると言われている理由②【色素沈着するの?】

ティントは飲食などをしても落ちないのが魅力です。落ちないからこそ色素沈着はしないの?といったら、色素沈着はします。ただし、その日に専用のリムーバーで落とせば、色素沈着の心配はいりません。危険と言う声もありますが、しっかりケアすれば落ちない危険性はありませんね。

みんなのおすすめリップティントを見てみよう!

実際に、リップティントの上手な塗り方をしている方をご紹介します。ティントを実際に塗っている画像を見ると、色の感じや違いなどが分かるかもしれませんよ。画像の塗り方や色を参考にして見ると、購入するときにも役立ちますね。

キャンメイク 

キャンメイクのリップティントシロップとリップティントジャムの使用画像です。どれも可愛いですね。ジャムの方が発色がはっきりしていますね。

ayatocosmeさんの投稿
14705085 226666951123767 3258419416336957440 n

ベリサム

ベリサムのパックするリップティントです。パック後の画像は、唇に色がしっかり付いているのがわかりますね。1日中キレイにキープできると話題のアイテムですよ。

__yukari_oさんの投稿
11856787 761151510663858 346081926 n

オペラ

オペラの限定色グリマーレッドの画像です。塗る前のリップは濃い感じに見えますが、唇に塗ると見た目とは違うナチュラルな仕上がりになっていますね。

beans_104さんの投稿
34982480 1942829742674041 855779002596458496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

お気に入りのリップティントを見つけよう!

リップティントは自分だけのオリジナルカラーが楽しめて、メイク直しの手間も少なくなりますね。口紅やグロスとは違い、落ちないと言う魅力と、塗り方一つで仕上がりも違ってきます。ティントの種類も多く出ているので、自分にあったお気に入りのリップティントを見つけよう!

Thumbプチプラティントリップを徹底調査!落ちないの?人気のワケとは?
落ちない口紅として大人気のティントリップをご存知ですか?正しい塗り方・使い方、色素沈着させな...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
kiyomama522

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ