スカルプネイルを徹底解説!セルフで出来る意外と簡単な方法も!

ショートネイルじゃつまらない!綺麗な形の爪を目指したいならスカルプネイルに挑戦!ネイルサロンに行かなくてもセルフでできる簡単なやり方や、セルフで挑戦しやすいスカルプネイルのデザイン、リーズナブルに通えるネイルサロン情報など。ぜひ参考にして下さい。

スカルプネイルを徹底解説!セルフで出来る意外と簡単な方法も!のイメージ

目次

  1. 1スカルプネイルとは?
  2. 2スカルプネイルに必要なものは? 
  3. 3スカルプネイルのやり方は?
  4. 4初心者におすすめ!スカルプネイルキット5選!
  5. 5スカルプネイルの注意点
  6. 6ネイルサロンでスカルプネイルも!
  7. 7みんなのスカルプネイルを紹介!
  8. 8注意しよう!スカルプネイルの失敗談
  9. 9セルフスカルプネイルはコツを掴めば意外と簡単!

スカルプネイルとは?

スカルプネイルとは

スカルプネイルとは、パウダーと専用の液を筆に取り、爪の上で人工的に爪を作ったもののことを言います。

プラスチックのような素材で強度があるので長さが出せて、ロングネイルが好きな方におすすめです。

ネイルチップのように見えても簡単に取れることがない上に、自分の爪に合わせて作るのでネイルチップのように浮いた感じがなく、ピタッと綺麗なネイルになれるのも人気の理由です。

スカルプネイル

ジェルネイルとの違いは?

スカルプネイルとジェルネイルの違いとは、まず基本的に使う材料が違いますが、仕上がりや見た目にも違いがあります。

ジェルネイルも長さを出すことはできますが、少し柔らかい素材のためにスカルプネイルほどの長さは出せません。

ですがスカルプネイルは強度があるため、ジェルネイル以上の長さを出すことが可能です。

また、ジェルネイルはトップジェルを塗って硬化させて終わるのでぷるんとした丸みを帯びたフォルムに仕上がりますが、スカルプネイルは削って仕上げるため、シャープな形が出せます。

使用する材料や仕上がりの違いを覚えておくと、自分がやりたいシーンに合わせたネイルを楽しむことができますよ!
 

フットネイルもできるの?

スカルプネイルはフットネイルにも使えますが、仕上がりがとても硬いので靴を履くことを考えるとあまりおすすめはしません。

フットネイルに使用する場合は、衛生に気をつけた下準備をすること。

また、装着後の生活に注意しなければいけません。

スカルプネイル

スカルプネイルに必要なものは? 

スカルプネイルを付けるときに注意したいのは、使用する材料を忘れることなく全て準備すること!

アクリルリキッドとアクリルパウダーを合わせるとすぐに固まってしまうため、スピード勝負になります。

下準備や必要な材料は全て手元に準備しましょう。

スカルプネイルの材料は?

スカルプネイルを作るのに必要な材料は

・アクリルパウダー
・アクリルリキッド


の2つです。

アクリルパウダー

クリア、クリアピンク、ホワイト、ナチュラルの4種類に、カラーパウダーがあります。

セルフネイルの場合はクリアだけでも大丈夫!

100均などでラメを購入してパウダーに混ぜれば、ラメのスカルプネイルが出来上がります!

キットを購入した場合は基本的な材料なので、必ず入っています。

お値段は高いものから安いものまでありますが、一度使ってみて使いやすいものを使用しましょう。

Nail de Dance パウダー アイスクリア 20g アクリル材の画像
Nail de Dance パウダー アイスクリア 20g アクリル材
このパウダーは、比較的柔らかめのアクリルボールができます。 柔らかめのアクリルボールの操作が心配な方は、ナチュラルパウダーがおすすめです!

2,700円

商品の購入はこちら

アクリルリキッド

アクリルリキッドは、アクリルパウダーと同じメーカーのものを使用します。

値段で選ぶよりも、メーカーで揃えるようにしましょう。

別々のメーカーのものを使用してしまうと、上手く固まらなかったり強度が出ないなどの影響があるので注意してください。

アクリルリキッドもキットを購入すると、アクリルパウダーとセットになっています。

Nail de Dance リキッド 120mlの画像
Nail de Dance リキッド 120ml
パウダーと同じリキッドを使いましょう。 バーチャルネイル用のピンクのリキッドもありますが、普通のスカルプネイルにはこのアクリルリキッドを使いましょう。

6,048円

商品の購入はこちら

下準備に必要なものは?

下準備に必要なものは

・ファイル
・エメリーボード
・スポンジバッファー
・シャイナー
・セラミックプッシャー


の5つです。

次からは詳しい使い方を説明します。

ファイル

ビューティーネイラー 爪やすり セミプロフェッショナルファイルセット SPF-1の画像
ビューティーネイラー 爪やすり セミプロフェッショナルファイルセット SPF-1
スカルプネイルで使用するファイルが全てセットになったもの。 これさえあればどんな削りにも対応できます。

972円

商品の購入はこちら

スカルプネイルの下準備の際は、必ずサンディングを行います。

そのサンディングに必要なのが150から180グリッドのファイルです。

このグリッド数のファイルはジェルネイルのオフなどにも使うこともできます。

サンディングは丁寧に行わないとすぐに剥がれてしまう原因になるので、必ずファイルを準備しましょう。

スカルプネイルの最後の仕上げの削りにも使用します。

摩耗が激しいので多めに購入しておきましょう。

Thumbネイルファイルって何種類あるの?用途は?上手に使い分けたい!
ネイルファイルって何?どう使うの?もしかしてネイルファイルの使い方を間違ってる?そんなセルフ...

エメリーボード

スカルプネイルは爪の先にフォームという爪を作る土台を付けるのですが、そのフォームを付けるときに自爪を整えるために必要なのが、エメリーボードです。

自爪が長すぎる場合は、一度整えやすい長さにカットしてから使用します。

ネイルファイル エメリーボード <ブラック>3本セット (100/180)Gの画像
ネイルファイル エメリーボード <ブラック>3本セット (100/180)G
程よいしなりで自爪のファイリングにぴったりのエメリーボード。 爪の状態を確認しながら削りましょう。削りすぎに注意です!

140円

商品の購入はこちら

スポンジバッファー

スポンジバッファーとはスカルプネイルの仕上げに使用します。

グリッド数が異なるものを数種類使うと傷を滑らかにしやすいので、180から240グリッド程度のスポンジバッファーを用意しましょう。

シャイナー

シャイナーとは、自爪の表面に艶を出す際にも使用するもので、スカルプネイルの仕上げにも使用します。

シャイナーは摩耗が早いので、なるべく多く持っていると安心です。

Nail de Dance ダイアモンド2WAYシャイナー 爪磨きの画像
Nail de Dance ダイアモンド2WAYシャイナー 爪磨き
最初にザラザラする面で表面を磨き、次にツルツルの面で艶を出していきます。 厚みと柔らかさがちょうどよく、ネイリスト検定の時にも選ばれています。

864円

商品の購入はこちら

セラミックプッシャー

セラミックプッシャーとは、甘皮を押し上げながら自爪をサンディングできる便利グッズです!

通常のプッシャーを使ってファイルでサンディングをするよりも、より細かい部分のサンディングが可能なので、持ちの良いスカルプネイルが出来上がります。

[ネイルサプライオリジナル] ロゴ入り セラミックプッシャー 【 ジェルネイル 用品】甘皮のケアに♪の画像
[ネイルサプライオリジナル] ロゴ入り セラミックプッシャー 【 ジェルネイル 用品】甘皮のケアに♪
プッシュアップ&サンディングが一度にできる優れもの! 通常のプッシャーでは押し上げられなかった甘皮も綺麗に取り除きます。 ジェルネイルの際にも大活躍です。

582円

商品の購入はこちら

スカルプネイルに必要なものは?

スカルプネイルに必要な道具は

・プレプライマー
・プライマー
・ピンチ棒
・ネイルフォーム
・スカルプチュア用ブラシ
・ダッペンディッシュ
・ダストブラシ
・キッチンペーパー
・ネイル用ハサミ


の9つです。

次から用途を説明します。

プレプライマー

プレプライマーとは、爪表面の油分を除去してスカルプネイルが定着しやすい状態の爪にしてくれるものです。

これがない場合はエタノールなどでも代用は可能ですが、長持ちさせたいネイルの下準備にはプレプライマーが必要です。

プレプライマーもキットを購入すると一緒に付いてくる場合もありますが、付いていない場合もあるので選んだキットの中身を確認して、もし付いていない場合は別に購入しましょう。
 

モアクチュール(More Couture) P.P プレプライマー 14mlの画像
モアクチュール(More Couture) P.P プレプライマー 14ml
ネイルサロンでも使用されているプレプライマーで、マニキュアやジェルネイルの前にも使用できるので1本あると何かと便利です。

2,160円

商品の購入はこちら

プライマー

プライマーとは、爪とスカルプネイルを付けるためのボンドのような働きをするものです。

このプライマーはスカルプネイルの下準備の必需品です!

キットに入っていない場合は忘れずに購入しましょう。


また、お肌に直接付くとヒリヒリとした痛みを感じる場合があります。

お肌に付かないように、また、子供が触らないように扱いには注意が必要です。

Nail de Dance ノンアシッドプライマー 10mlの画像
Nail de Dance ノンアシッドプライマー 10ml
ノンアシッドタイプなので、爪にも体にも優しいタイプです。ネイリストさんの利用率が高く、評判のいいプライマーです。

3,888円

商品の購入はこちら

ピンチ棒

ピンチ棒とは、スカルプネイルのカーブを整えるためのそれぞれサイズが異なる専用の棒です。

ピンチ棒を使わずに形を整えることも可能ですが、セルフネイルの方は形が歪んでしまうので注意してください。

キットに入っていない場合も多いですが、お値段もお手軽なものがほとんどなので揃えておきましょう。


 

Cカーブスティック ピンチ棒 6本セット ネイルアートの画像
Cカーブスティック ピンチ棒 6本セット ネイルアート
サイズが違うピンチ棒が6種類セットになったもの。ピンチを入れるためにぴったりな長さと太さです。サイズごとにカラーが違うので、急ぎたいピンチングにぴったりです。

518円

商品の購入はこちら

ネイルフォーム

ネイルフォームとは、スカルプネイルを作るための土台になるものです。

このフォームが無いとスカルプネイルができないので、買い忘れに注意です。

爪の白い部分に合わせて装着しますがやり方が難しく、上手に付けられないと割れやすくなる原因になるので注意しましょう。

キットを購入すると、ほとんどの場合は入っているアイテムですが、失敗して消耗しやすいアイテムです。

心配な方は追加で多めに準備しておきましょう。

Nail de Dance ネイルフォーム 100P ラウンドの画像
Nail de Dance ネイルフォーム 100P ラウンド
程よい硬さで爪のアーチにフィットしやすいネイルフォームで、ネイルサロンでの使用率も高めです。

1,728円

商品の購入はこちら

スカルプチュア用ブラシ

スカルプチュア用ブラシは、アクリルリキッドにブラシを浸してアクリルパウダーに触れて、スカルプネイルの元となるミクスチュアを作る大切な道具です。

キットに入っているスカルプチュア用ブラシは標準サイズです。

標準的な長さのスカルプネイルを作るのであれば標準のサイズでも構いませんが、ロングネイルにしたい場合は大きめのサイズのブラシを購入しましょう。

高級コリンスキー製アクリル用ブラシ#8☆ブルーカラー☆の画像
高級コリンスキー製アクリル用ブラシ#8☆ブルーカラー☆
コリンスキー毛のブラシは程よいコシがあって使いやすいと人気です!このサイズのブラシなら、セルフネイルで大活躍です。

797円

商品の購入はこちら

ダッペンディッシュ

ダッペンディッシュとは、アクリルリキッドを注ぎ入れてブラシを浸すための道具です。

キットに入っている場合もありますが、入っていないキットもあります。

小さな瓶でも構いませんが、できれば専用のものを準備しましょう。

鉄蓋付き ガラス製ダッペンディッシュ φ32mm×H32mm(左記寸法は蓋除く)の画像
鉄蓋付き ガラス製ダッペンディッシュ φ32mm×H32mm(左記寸法は蓋除く)
アクリルリキッドを入れて使用する小さな瓶のような入れ物です。アクリルリキッドは空気に触れるとどんどん劣化してくるので、フタ付きのものがおすすめ。

300円

商品の購入はこちら

ダストブラシ

ダストブラシは、自爪を削った時やスカルプネイルの仕上げで削った際にでるダストを払うのに使います。

シャイナーで磨く前の下準備でダストをしっかり払っておくことで、綺麗な艶が出せます。

お値段もお安く、100均などでも購入可能なものなので、ぜひ揃えておきましょう。

キッチンペーパー

キッチンペーパーはスカルプネイルだけでなく、ジェルネイルをする際にテーブルに敷いたりと様々な使い方があり、ネイルに使う大切な材料の一つです。

下準備で爪の表面を拭く際にも使用しますが、ここではスカルプ用ブラシを拭くために使用します。

小さく切っておくと、無駄遣いをしないで使えます。

ネピア 激吸収 キッチンタオル 2枚重ね 100カット×4ロールの画像
ネピア 激吸収 キッチンタオル 2枚重ね 100カット×4ロール
消耗品なので、たくさん使えてお得なものがおすすめ!

299円

商品の購入はこちら

ネイル用ハサミ

ネイル用ハサミは、ネイルフォームを爪の形にカットする際に使用するので、先端が曲がっているものだとガタガタにならずに綺麗にカットできます。

キットには含まれない場合がほとんどなので、使いやすいお気に入りのものを用意してくださいね。

先端が鋭利なものがほとんどなので、小さな子供が遊んでしまわないように注意してください。
 

チップを使ったスカルプネイルに必要なものは?

フォームを使ったスカルプネイルはとっても難しくてできない!という方におすすめなのが、チップを使ったスカルプネイル。

爪の先端にチップを装着してからスカルプネイルを作るやり方なので、フォーム上での操作がなくて比較的簡単に仕上がります。

材料や下準備はフォームを使う場合とほとんど同じなので、チップを使う場合の追加で必要な材料を紹介します。

チップを使う場合に必要な材料は

・ハーフチップ(ハーフウェルチップ)
・チップカッター
・ネイルグルー


の3つです。

ハーフチップ

ハーフチップはナチュラル、クリア、カラー付きのものなど、長さや形も様々な種類がありますが、初心者さんにおすすめしたいのはクリアのネイルチップです。

爪とチップをはり合わせる場所にガイドラインがあるものだと、使いやすくベストです。

やり方は、爪全体をサンディング後にプレプライマーを塗布して乾かし、チップのガイドラインの部分にグルーを付けて爪先端に貼りつけるだけ!

グルーが乾いたら、チップの表面もサンディングしましょう。

ちょい足しネイルチップ 超短いハーフチップ スカルプチャー ラウンドショート クリア ネイルチップの画像
ちょい足しネイルチップ 超短いハーフチップ スカルプチャー ラウンドショート クリア ネイルチップ
すでにオーバルの形になっているハーフチップなら、形を作るための削り作業が減って時短に! クリアタイプなので透明感のあるラメグラデーションのスカルプネイルを作りたいときにおすすめです。

650円

商品の購入はこちら

チップカッター

チップカッターは長すぎるネイルチップを下準備の段階でカットするために必要な材料です。

お値段が高いものだと切れ味が良く、チップにヒビが入ることなくカットできるのでおすすめです。

BEZOX 新しいデザインネイルチップカッター - ステンレス鋼 - プロが使用の画像
BEZOX 新しいデザインネイルチップカッター - ステンレス鋼 - プロが使用
ネイルチップは通常の爪切りでカットするとひび割れの原因に。 ネイルチップをカットするときは専用のネイルチップカッターが必要不可欠です!

890円

商品の購入はこちら

ネイルグルー

先ほど紹介したネイルチップを爪先端に装着するときに使う材料です。

下準備の際に爪が割れていた場合にも、簡単な修復として使います。

お値段が高いものだと強度があり、薄づきで使い心地もいいです。

5セコンドブラッシュオングルー 6gの画像
5セコンドブラッシュオングルー 6g
ネイルサロンでも使われているネイルグルーは、厚塗りになりにくくさらっとした使い心地で、セルフネイラーさんの間でも大人気です。

1,134円

商品の購入はこちら

スカルプネイルのやり方は?

丁寧に下準備をしよう

下準備のやり方は、まず手指の消毒から。

コットンにエタノールを染み込ませ、指先までしっかり拭き取ります。

消毒をしないとグリーンネイルなどの爪の病気にかかってしまうので注意しましょう。

消毒が終わったら、次はサンディングをやります。

やり方はファイルで爪の表面に傷を付けるイメージで、優しく撫でていきます。

Thumbネイルグッズの収納アイデア集!100均や無印を上手く活用したい!
増えていくネイルグッズを上手に収納してみませんか?100均や無印のアイテムを使ったネイルグッ...

手指を消毒してフォームをつけよう

ネイルフォームを付ける上手なやり方は、ネイルフォームを爪のラインに合わせてカットし、指に装着します。

フォームと爪のラインを確認しながら数回に分けてカットするとうまくいきますよ。

フォームを付けたら、外れないように下の部分をカットしたり折り曲げれば完成!

アクリルボールを作ろう

アクリルボールを作るやり方は、ブラシをリキッドに浸してダッペンディッシュの淵で軽くリキッドを払ったら、アクリルパウダーをブラシで上から軽く抑えるようにして、パウダーをブラシに付けていきます。

少しイガイガとしている状態が、アクリルボールの正しい状態です。

粉っぽかったり、びちゃびちゃの状態は失敗なのでもう一度作り直しましょう。

手早く施術しよう

アプリケーションのやり方は、爪の先端に先ほど作ったアクリルボールを乗せて、左右対称になるようにブラシを上に動かして爪のサイドまでしっかり覆います。

厚みが均等になるように気をつけながら動かしていきますが、気温が暖かかったり体温が高いとあっという間に固まってしまうことがあります。

手早く行いましょう。

形を整えて磨いたら完成!

形を整えるやり方は、150から180グリッドのファイルで爪の大体の形を作り、表面の凹凸を削って整えます。

この削りの作業の時に形を綺麗にしようとすると削る作業が大変になってしまうので、アクリルボールで爪の上に乗せていく段階で凹凸がないように綺麗に整えることが大切です。

シャイナーを使う前に、スポンジバッファーで軽く傷を取ってダストを払いましょう。

初心者におすすめ!スカルプネイルキット5選!

スカルプネイルの材料だけならこれ!

セルフネイラーさんで、ファイルやシャイナーなどアートグッズなども持っているという方はこのキットがおすすめ!

ホワイト、ナチュラル、ピンク、クリアの4種類のパウダーがセットになっているので、フレンチネイルやナチュラルネイル、ラメを混ぜたグラデーションネイルなど様々なタイプのスカルプネイルに挑戦できます。

お値段もお手軽で、使いやすいですよ。

エンボスネイルに挑戦したい!

そんな方にはこのセットがおすすめ!

カラーパウダーで色がついたスカルプネイルもできますよ。

チップやフォーム、ダッペンディッシュも入っているので、最低限の道具を持っているならこのセットを購入しましょう。

ジェルも付いているので、スカルプネイルの仕上げに塗布してもOK!

お値段がプチプラなのもありがたいですね。

初心者さんにおすすめのキット!

失敗したら嫌だな。一回挑戦したらやめてしまいそう。

そんな初心者さんにおすすめな、最低限のパウダーとリキッド、ブラシのセットです。

フォームやチップなどを追加で購入してもジェルネイルでも使用できるので、ちょっとだけ挑戦してみたいという方におすすめです。

リキッドは長期保存しておくと劣化してしまうので、何度もスカルプネイルをすることがないという方にもぴったりですよ。

スカルプネイルが楽しくなったら!

カラーパウダーが12色入ったセットです!

お値段も嬉しい990円。

グラデーションやエンボスネイルをやりたい時の必需品。

エンボスネイルはジェルネイルの上にもつけることができるので、このセットがあればネイルを十分に楽しめますよ。

オフがしたい時の必需品!

スカルプネイルをそろそろ外さなきゃ!オフもセルフで頑張りたい!

そんな時のおすすめのキットはこちら!

リムーバーとファイル、ウッドスティック、ダッペンディッシュがセットになっているので、これだけでオフが可能です。

オフのやり方は、スカルプネイルを短くカットして表面を粗めのファイルで削り、ダッペンディッシュにリムーバーを入れて指を浸します。

ネイルサロンでオフするときと比較しても、このキットのお値段は半額以下なのでお得です!

ビューティーワールド BW スカルプチュアオフキットの画像
ビューティーワールド BW スカルプチュアオフキット
リムーバーとウッドスティック、ファイル、ダッペンディッシュがセットになっていて、自宅でのオフも簡単に。 コットンにリムーバーを含ませてアルミホイルでまいておく方法でも使用できます。

869円

商品の購入はこちら

スカルプネイルの注意点

施術中は換気を忘れずに

アクリルリキッドの臭いは部屋の中に充満しやすく、充満した状態で火を使うと引火してしまう恐れも。

施術中は必ず換気をしましょう。

スカルプネイル

グリーンネイルに注意

ジェルネイルでも同様ですが、スカルプネイルがパカパカと浮いたまま長期間付けていると、グリーンネイルという症状を引き起こす場合があります。

緑膿菌という菌が湿気った場所で繁殖してしまうもので、杖の表面が緑色から黒っぽい色に変色してしまいます。

このような症状が出た場合はすぐにスカルプネイルを外し、皮膚科を受診しましょう。

しっかり治るまで、ネイルは禁止です。

スカルプネイル

長い爪に注意しよう

スカルプの適度な長さは爪のピンクの部分と同じくらいで、役1センチほどが目安です。

それ以上になってしまうとぶつけた時に割れやすくなり、スカルプネイルと一緒に自爪が割れて出血してしまうこともあります。

出血してしまった場合はしみたりアレルギーを起こしてしまうこともあるため、完治するまでスカルプネイルを付け直すことはできません。

適度な長さを心がけましょう。

スカルプネイル

爪のクールタイムを設けよう

何度も繰り返しスカルプネイルを付けていると、爪がふやけた状態になってしまい、痛みやすくなります。

アセトンでのオフやサンディングでダメージを与えてしまうので、できれば1ヶ月ほどお休みさせる期間を設けましょう。

スカルプネイル

オフするのがたいへん

オフのやり方はジェルネイルでも同じですが、スカルプネイルの表面を削ってアセトンというリムーバーに浸しますが、ふやけた状態のスカルプネイルを削って、取れていなければまた削って浸して、という工程を繰り返すことになり手間がかかります。

オフがどうしても難しい場合は、ネイルサロンにお願いすることをおすすめします。

ネイルサロンの場合は他店オフとなりお値段も少し高くなってしまいますが、綺麗に落としてくれるので心配な方は初めからお願いするのもありです。

スカルプネイル

ネイルサロンでスカルプネイルも!

スカルプネイルの値段は?

スカルプネイルの値段は、場所にもよりますが6000円から10000円程度です。

初回の方限定の割引があったり、デザインやアートの有無により異なるので、行ってみたいサロンを見つけたら予約前に確認してみましょう。

スカルプネイルができるおすすめネイルサロン3選!

全国展開が嬉しい!今が旬のネイルサロンesネイル!

芸能人の方を数大く施術している大人気のネイルサロン esネイルは、デザインやアートは流行をいち早く取り入れ、丁寧で綺麗な仕上がりが人気です。

ゆったりとしたソファでの施術で、リラックスしてスカルプネイルを付けてもらえますよ。
 

スカルプネイルが1万円以下!ネイルサロンロゼオ

ラメグラデーションのスカルプネイルをベースに、ストーン2本付け放題込みで9800円!

お値段もデザインも、可愛くて嬉しいネイルサロンです。
 

定額コースあり!シェリーラメール

定額コースがあり、お財布に優しいネイルサロンです。

技術力もあるので、スピーディーな施術で時間がかかりません。

通常のサロンだと他店オフは料金が高めですが、ここのサロンは初回はオフ無料も嬉しいポイント!

みんなのスカルプネイルを紹介!

セルフネイラーさんでも挑戦しやすい、シンプルデザインをまとめてみました!

ネイルサロンに行く時の参考にもおすすめです。

赤ラメが可愛い!シンプルデザイン

クリアのアクリルパウダーにラメを混ぜるだけで出来る、セルフネイルにおすすめのデザインです。

赤のラメを大きさを変えた3種類を混ぜて、ラメパウダーを作ります。

グラデーションは境目が難しいですが、単色なら根元から作れるので比較的簡単にできます。

nailsalonrismさんの投稿
41895322 458487661312371 4253505188178346230 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ビジューが◎ピンクスカルプネイル

ピンクのラメをクリアパウダーに混ぜて作ったスカルプネイル!

マットカラーはジェルネイルで。

ベースはラメのパウダーを使っても、クリアパウダーを使っても大丈夫です。

pachira.nailさんの投稿
40655955 518434765236793 2709997646508219936 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ターコイズブルーで涼しげなスカルプネイル

上のピンクネイルと同じやり方で、色違いにするとこのような雰囲気に!

涼しげで夏につけたいスカルプネイルですね。

nail.990さんの投稿
39094844 854827401377050 7715877819204501504 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

シルバーラメはクリスマスにも◎

シルバーのラメを少し多めに混ぜて作ったパウダーのスカルプネイルです。

小さなストーンとVカットのストーンを組み合わせたアートは、お出かけやパーティーだけではなく、冬のクリスマスネイルにもぴったり!

piansis.photo3さんの投稿
40456287 1069114143267806 6215376791859625984 n

裏までこだわっちゃう!簡単おしゃれなスカルプネイル

ラメパウダーでスカルプネイルを作ったら、上からジェルでカラーリング!

そうすると裏がラメでキラキラした、おしゃれなデザインができあがります。

ベースのスカルプチュアは、先端だけにラメがくればいいので綺麗なグラデーションでなくても大丈夫。

mari_trully_nailさんの投稿
37212604 304016066832213 6655491238961086464 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スカルプネイルが初めてでもやりやすい!

透明感のあるラメを使えば、グラデーションが苦手な方でも簡単に作れます。

シンプルなデザインなので、オフィスネイルにもおすすめです。

azyoshidaさんの投稿
30855723 582167058828739 4254511225217482752 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

淡いブルーが大人可愛いスカルプネイル

夏にも冬にも使える淡いブルーのラメパウダーで、大人可愛いスカルプネイルもおすすめです!

冬は雪の結晶のシールを貼って、雪のようにして。

夏はストーンだけで仕上げると涼しげです。

___hiiiichan___さんの投稿
25016585 1999561473659500 8590340316085616640 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ホワイト×ラメを上手に使って冬ネイル

ホワイトのカラーパウダーでグラデーションにしたら、オーロラのラメとゴールドのラメを乗せれば完成です!

パールを乗せると冬にぴったりの温かみのあるデザインに。

misaki___1110さんの投稿
25021699 308670862974898 4081213619855949824 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

シルバーラメにはパステルカラーのストーンで

シルバーのラメでグラデーションにしたら、ホログラムを入れてクリアパウダーで覆います。

ストーンに色味を付けることで可愛らしい印象に!

ahmsmihoさんの投稿
41539236 321271251968753 8630176250307650496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ピンク×ブルーのシンプルデザイン

ピンクとブルーのカラーパウダーを使ったグラデーションネイルで、形も長さも控えめに。

派手なデザインができないときにおすすめです。

riche.nailsalonさんの投稿
41964859 473093943187409 7140247971138985145 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
Thumbネイルシールの作り方を徹底解説!簡単なのに安くて可愛い!
作り方の工夫ひとつで、繊細なアートが簡単にできあがるネイルシール。実はこのネイルシール手作り...

注意しよう!スカルプネイルの失敗談

意外と時間がかかる

思っていた以上に時間がかかる作業なので、時間に余裕のあるときに付けるようにしましょう。
途中でオフしないといけないことほど、悲しいことはありませんよね。

綺麗にお手入れした爪が台無しに

爪を綺麗にお手入れ後、スカルプネイルをして失敗すると爪が悲惨なことになってしまいます。
余裕を持って、丁寧に付けるようにしましょう。

外れたときに痛い

セルフネイルだけではありませんが、長すぎるスカルプネイルを付けていたり、付けてから時間が経っていると、ちょっとした引っかかりでも外れやすくなります。
外れた時の爪の痛みはひどいものなので、気をつけましょう。

やり直しが大変

簡単にやり直しがきかないのがスカルプネイルです。
一度固まってしまうと外すまでが大変なので、時間がギリギリの状態ではやらないようにしましょう。

デザインを考えるのが難しい

気に入ったデザインがあっても、その通りに付けるのはなかなか難しいもの。
何度か練習しているうちに上手くなるので、チップなどで練習するといいですよ!

セルフスカルプネイルはコツを掴めば意外と簡単!

いかがでしたか?

みんなのスカルプネイル写真を参考に、ネイルチップを使ったスカルプネイルなど、比較的簡単に出来る方法などもぜひチャレンジしてくださいね!

スカルプネイル

関連するまとめ

Original
この記事のライター
Tsubasa
12歳の息子と2歳の娘を育てているネイリストです。お客様と小ネタを話すのが大好き!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ