一人暮らしインテリア実例55選!快適に暮らすポイントや配置は?

一人暮らしをするうえで、まず大事なのがインテリア。間取りや収納に限りのある部屋が多いですが、工夫ひとつでおしゃれに快適に過ごすことができます。インテリアのテイストや間取り別に実例を紹介するほか、一人暮らしに欲しいアイテムも紹介していきます。

一人暮らしインテリア実例55選!快適に暮らすポイントや配置は?のイメージ

目次

  1. 1一人暮らしのインテリア!レイアウトはどうする?
  2. 2間取りや広さ別に見る一人暮らしのインテリア実例15選
  3. 3スタイル別に見る一人暮らしのインテリア実例40選
  4. 4一人暮らしのインテリアに取り入れたい家具や雑貨は?
  5. 5おしゃれで快適なインテリアで一人暮らしを楽しもう!

一人暮らしのインテリア!レイアウトはどうする?

一人暮らしを始めるうえで大事なインテリア。6畳1Kといった限られた広さの部屋でも、家具の配置の工夫ひとつで、まるでホテルライクな部屋を実現。毎日の一人暮らし生活をおしゃれに快適に過ごすことができます。

一人暮らしのインテリアは、学生や女性でも挑戦しやすいかどうかがポイント。また、ロフトつきや1LDKといったパターン別でもインテリアのポイントが異なってきます。家具の配置のポイントからなりたいスタイルなど、一人暮らしのインテリアの実例を沢山紹介していきます。

一人暮らしの部屋は6畳1K、たまに1LDKやロフトつき。いずれにせよ広さに制限があります。家具の選び方や配置に気をつけないと、すぐ手狭になってしまいます。居住スペースを確保しつつ、収納もしっかりしつつ、おしゃれに過ごしたいと考えている人も多いのではないのでしょうか。

家具の選び方の工夫で物理的に広くするほか、配置の工夫で広く見せる方法もあります。ホテルライクなお部屋を目指すとすっきりとしたインテリアになります。家具の配置とおしゃれなインテリアの実例を紹介します。

窓に向かってどの向きで分けるか考えよう

まず、1Kや1LDKといった一人暮らしで居住するお部屋の場合、インテリアの区分けをどのようにするか最初に決める必要があります。

一般的には
「テーブルやソファーがあるリビングコーナー」
「ベッドや布団がある寝室コーナー」
この二つに区分をし、そのうえでどちらに家具をレイアウトするか決めていきます。

これらのレイアウトは、窓を目安にして区分するとわかりやすいとされています。どのようなパターンがあるのか、実例を交えて紹介します。

窓に向かって左右に分ける

出典: https://roomclip.jp/photo/DZ5h

まず、窓に向かって左右にリビング側と寝室側に分け、家具を配置するインテリアです。リビング側と寝室側の間に通路ができるため、窓への導線もはっきりするという利点があります。また「TVを見たり食事をするところ」「寝るところ」が通路ではっきりとわかれているため、生活にメリハリが出やすくなっています。

窓に向かって前後に分ける

出典: https://roomclip.jp/photo/6RXx

メインの窓に向かって前後に分け、家具を配置しているインテリアです。手前側にリビング側、窓側に寝室側が配置される事が多いです。リビングで過ごしてから寝るという自然な順番で過ごしやすくなるほか、朝日が差し込んでくるため、さわやかに目覚める事ができると言う利点があります。

ベッドから窓への導線を確保する必要があるので、このようなレイアウトにする際はベッドのサイズに気をつけましょう。

家具の配置のポイントは?

一人暮らしでは、ベッドや収納、学生なら机など、必ず必要になってくる家具があります。 6畳1Kの部屋では広さが限られているので、大きい家具を中心に配置をしていく必要があります。ここで、一番大きい家具と言えば「ベッド」。このベッドの配置を決めてから、他の家具の配置を決めていくと、スムーズに家具の配置がしやすくなります。

ベッドは壁に沿って配置する

ベッドは部屋の壁側に配置するのが基本です。一人暮らしをするために十分な居住空間を確保できるうえに、ホテルライクな落ち着きのあるインテリアに近づきます。前述したように、窓に対して縦横どちらに配置するのかによっても印象は変わってきます。窓に洗濯物を干す際に、6畳1Kの部屋を縦に割って中央に導線をつけるとスムーズです。

TVやテーブルの配置を決める

出典: https://roomclip.jp/photo/vqZS

ベッドの配置を決めたら、テーブルとTV台の位置を決めます。テーブルは食事をしたり、作業をしたり学生なら勉強をしたりと、一人暮らしのさまざまな用途で必要になってくるもの。今はTVのない家も多いですが、もしTVを見る場合、TV台もあわせて購入します。基本的にテーブルから見やすい位置に配置することが多いです。

出典: https://roomclip.jp/photo/ct9D

ベッドに向かって縦方向にテーブルとTV台を設置してもおしゃれです。これは8畳以上、1LDK程度の広さが必要になりますが、寝室側とリビング側が区分されたインテリアになっています。またこの配置だとソファーを置いてもおしゃれで快適に過ごせます。

収納スペースがないときは?

持ち物が多い人にとって、必要なのは収納。備え付けの収納があるような間取りだといいですが、中にはないパターンも一人暮らし用の物件にはあります。そんな場合、服や本、その他小物はどうやって収納すればいいでしょうか。また、収納家具の配置を考えるコツはあるのでしょうか。

TV台は収納重視で選ぶ

出典: https://roomclip.jp/photo/vqZ2

ここでTV台が収納として役に立ちます。TV台は収納が充実しているタイプのものを選べば、普段頻繁に使うけど、部屋をごちゃつかせたくない場合、このTV台に収納することができます。100均やインテリアショップでもインテリアボックスが売っているので、いくつか揃えて購入するともっと収納が充実します。

洋服の収納は断然ハンガーラックが便利

出典: https://roomclip.jp/photo/c45Y

洋服を収納する場合、省スペースなハンガーラックが断然おすすめです。ハンガーラックはおしゃれなだけでなく、洗濯物をしまう際さっとハンガーにかけるだけなので便利なうえ、シワもつきにくいです。チェストやカラーボックスとの組み合わせによって、より見せるもの・しまうもののメリハリがつけるので、より使いやすい衣類収納になります。

出典: https://roomclip.jp/photo/EreK

低めの本棚をベッドとリビング側の間に配置することで、しっかりゾーニングしています。観葉植物を置くことでインテリアのアクセントにもなっています。また、ベッドの下や窓際にも収納を充実させている点もポイントです。6畳1Kの限られた間取りに上手にものを収納しており、一人暮らしのインテリアのお手本になります。

部屋を広く見せるコツは?

一人暮らしの部屋は、およそ6畳、1K~1LDKといった広さが限られているものがほとんど。普通の家具を普通に配置するだけでは部屋が圧迫し、窮屈に見えてしまいます。 インテリアの工夫ひとつで、一人暮らしの部屋でも広く見せる事ができます。

家具は背が低いもので揃える

出典: https://roomclip.jp/photo/EoGr

どうしても手狭になってしまう一人暮らしの部屋。広く見えるインテリアのコツは、家具の高さを低いもので揃えること。特に入口から入った時に手前が低く、奥が高いものでそろえるとより広々と見せることができます。 家具の間の余白を取っているので、6畳1Kの部屋でもすっきりとした印象です。

ロフト付きの部屋のレイアウトは?

一人暮らしのお部屋において、最近人気の間取りがロフトつき。ロフトがあるだけでおしゃれなうえ、少し収納が便利になりそうですよね。ポイントを押さえれば、ただ物置にするのではなく、ロフトならではの効果的な収納やおしゃれなインテリアが実現するのです。

ロフトを寝室として活用

出典: https://roomclip.jp/photo/qWAR

ロフトを効果的に使うインテリアとしては、まず寝室として使う事。寝室をロフトに設定してしまえば、居住空間が確保され、リビング部分を広く使う事ができます。間接照明を設置して、よりリラックスムードのあるおしゃれな空間になります。

収納+ムードあふれるおしゃれなロフト

出典: https://roomclip.jp/photo/VAc

ロフトに本棚と机、カーペット、そして間接照明で、「おしゃれな屋根裏部屋」のようなインテリアにしています。暗くなりがちなロフトも、間接照明を置く事でムードが出てきます。一人暮らしの合間を縫ってほっと一息つけるような空間の完成です。

間取りや広さ別に見る一人暮らしのインテリア実例15選

一人暮らしのインテリアの実例を、間取りや広さ別に紹介します。引っ越し予定の物件と見比べて、インテリアの参考にしましょう。

1K(~6畳)

1K、およそ6畳の部屋。初めて一人暮らしをする学生などは、家賃の安さからこの広さを選ぶことが多いです。ただ6畳程度だと、ちょっと家具を置くとすぐに窮屈になってしまいます。大きさや数に気をつけて家具を選びましょう。

1.女子学生のシンプル部屋

出典: https://roomclip.jp/photo/ki7K

女子学生が住む、6畳1Kのお部屋。ベッドを置いてちょうどの広さです。ベッドヘッドや反対側の壁にも棚を配置し、上部の空間を有効活用している実例です。こたつや低めのベッドで、狭くてもリラックスできるインテリアです。

2.ピンクなガーリー部屋

出典: https://roomclip.jp/photo/hkil

こちらも女子学生の一人暮らしのお部屋。同じく壁に棚板を取り付け、空間を有効活用しています。収納ラックを多めに用いて、下は収納、上はドレッサーとしてかわいらしく使う工夫をしています。ピンク~白で統一されたシンプルフレンチ風インテリアです。

3.縦長部屋でソファを置くコツ

出典: https://roomclip.jp/photo/Da1u

1K6畳でも縦長の間取りの場合、ベッドと一人用ソファを縦に並べると言う手もあります。しかしこの場合ちょうどぴったりになるので、それぞれのサイズをよく計測する必要があります。また部屋が圧迫してしまうので、もしソファを置きたい場合、テーブル、TV台、収納ラックはとにかくコンパクトにおさめると、すっきりとまとまったインテリアになります。

1K(8畳~)

6畳よりはすこし広めになる8畳1Kのお部屋。ものが多かったり、部屋で何かしらの作業をすることが多い人は、このくらいの間取りで選べば後々一人暮らしをするのに快適かもしれません。

4.ナチュラル、シンプルな学生部屋

出典: https://roomclip.jp/photo/dLkU

白で統一された、ナチュラルでおしゃれなインテリア。ものが少ない学生の一人暮らしの人は参考になる実例です。8畳でこの程度の物量なら広々としており、友達を呼んでも窮屈にはなりません。

5.本棚を壁一面に

出典: https://roomclip.jp/photo/gJSE

壁一面の本棚(なんと、DIYで作ったとか)も、8畳1Kなら実現可能です。壁にぎっしりと本や持ち物をディスプレイすることで、空間を効果的に使う事ができる実例です。持ち物が多い人の一人暮らしの参考になりますね。

6.1Kでも8畳ならソファが置ける

出典: https://roomclip.jp/photo/cZLd

どうしても二人分のソファが置きたい場合も、8畳1Kなら可能です。壁に余白を作り、ウォールステッカーや観葉植物を配置して、ナチュラルなインテリアを実現しています。社会人でインテリアにこだわれ、パートナーをよく家に招きたいと言う方に参考になる実例です。

1DK(~6畳)

1DKの「DK」とは「ダイニングキッチン」の略です。つまり「居室」と「食堂兼台所」が保有されている間取りになります。

居室が6畳程度でも、キッチンの空間があるだけでかなり広く、収納やインテリアの幅が広がります。また部屋がごちゃつかず、ホテルライクなインテリアに近づくと言う利点もあります。このあたりでもまだ学生が一人暮らししやすい家賃の物件もあるので、気になった方は探してみましょう。

7.キッチン収納が充実

出典: https://roomclip.jp/photo/E1Vz

一般的には、玄関を入って手前にキッチン、奥に居住空間となります。キッチンスペースがかなり広く取られているので、電子レンジや食器、食材を置くことができます。学生に限らず、一人暮らしでもそれなりに自立して生活したいと言う人にとって、キッチンにものが起きやすいというだけで、かなり快適に暮らすことができます。

8.広いキッチンだからおしゃれアレンジも

出典: https://roomclip.jp/photo/DcG7

キッチンのスペースが広いと言う事は、キッチンでも好きなインテリアが楽しめると言う事です。流し台やヒーターの上に突っ張り棒やかごを使ってキッチンに必要なものを上手に収納しており、壁紙やポストカードを貼っておしゃれにデコレーションしています。一人暮らし初心者でも家事を楽しめる工夫ができるのは、1DKならではです。

9.広いキッチン側に収納を設置

出典: https://roomclip.jp/photo/hhsX

キッチンのスペースが広いので、収納として有効活用することができるという利点が1DKにはあります。この実例では本棚を置いて、そこに沢山の本を収納しています。奥行きが深くないので、通路が広く確保され、キッチンが窮屈になりません。学生など本が多い人の一人暮らしに、参考にしたいインテリアの実例です。

1DK(8畳~)

8畳1DKとなると、ほぼ1LDKに近いくらい広くなります。学生には手の届かない家賃になるのでは、と思われがちですが、しっかり探せば、一人暮らしの学生でも住めそうな物件は見つかります。また、プライベートはしっかり安らぎたい、家事もきちんとして節約したいという社会人の一人暮らしにもおすすめなのが、この広さの物件です。

10.アパルトマン風に部屋をゾーニング

出典: https://roomclip.jp/photo/ExL4

広めの1DKの場合、居住スペースにソファー、テーブル、ベッドを置いても余裕があります。一人暮らしのインテリアならではの、素敵な空間ができあがりです。キッチンと居住空間の間に仕切りがあるので、生活感のあるスペースとくつろぎのスペース、上手にゾーニングしているインテリアの実例です。

11.1DKならキッチン側に小さなテーブルを置ける

出典: https://roomclip.jp/photo/rPFb

また、キッチンが広い事でちょっとしたミニテーブルを置けます。1LDKだともう少し大きいテーブルを置くことができますが、一人暮らしだとこの大きさでも十分です。壁紙を貼りお花を置く事で、慌ただしい日々の中でもここに座るだけでほっと一息つくことができます。

12.大きい窓でキッチンもリビングも明るく

出典: https://roomclip.jp/photo/crNM

キッチンと居住空間の間に仕切りがあるので、より広々と、すっきりしたインテリアになります。なんといってもこの物件の特徴は、L字型の配置になっている点です。大きい窓と白い壁床がより明るくより広く見えるポイントになっています。

1LDK

1LDKの「LDK」とは、「リビングダイニングキッチン」の略です。つまり居住空間の他に「食堂兼台所+くつろぐほどのスペースがあること」が1LDKの定義となっています。

1LDKともなると、もはや家賃は割高で、学生の一人暮らしでこの物件に住んでいる人はあまり見かけません。それなりの収入のある社会人で、プライベート空間をしっかり充実させ、インテリアにこだわり、かつ友人や家族を招きたい、といった人が1LDKに多く住んでいます。

13.ダイニングテーブルが置ける1LDK

出典: https://roomclip.jp/photo/d59n

一人暮らし用の1LDKだと、このようにダイニングテーブルが置けます。奥の方にベッドを置いて寝室にしており、居室とくつろぐスペースを完全に分離できるのが、1LDKの特徴です。引き戸になっているので、完全に仕切る事もできます。よりホテルライクなお部屋に近づけるなら参考にしたい実例です。

14.ソファもテーブルも広々と使える

出典: https://roomclip.jp/photo/d7hI

キッチン&ダイニング、寝室が完全に区分されている1LDKのお部屋です。1LDKならソファも長めのテーブルも置けますね。ダイニングと寝室の間には引き戸がありますが、ソファの背もたれによって既に区分がされています。

15.1LDKだから部屋をぜいたくに使える

出典: https://roomclip.jp/photo/eVKr

このくらいの広さなら、もはや一人暮らしに限らず、二人でも住めそうですね。1LDKならではのダイニング、リビング、奥の方にキッチンがある間取りですが、明確なパーテーションはなく、とても広々としています。左手の方には寝室があるので、相当広い物件であることが見受けられます。

スタイル別に見る一人暮らしのインテリア実例40選

すっきりシンプルなインテリア

1.ミニマムとグリーンのシンプル部屋

出典: https://roomclip.jp/photo/6oZB

極力ものを少なく、ミニマムになるように意識しているインテリア。家具の形もシンプルで、色柄も少なく、すごくすっきりした印象です。観葉植物を置いている事と、壁に棚板を配置し、小物を数点ディスプレイしている事で、さみしくなりすぎないシンプルおしゃれなインテリアの完成です。

2.とにかく隠す収納を徹底

出典: https://roomclip.jp/photo/rLMi

シンプル部屋の第一歩は、まず徹底した隠す収納です。扉が付いて隠すタイプの収納棚にこだわり、ベッド下の収納も同じグレーのボックスで統一しています。ものが多く、ごちゃつくという人に参考になる実例です。

3.イルミネーションでファンタジーなお部屋

出典: https://roomclip.jp/photo/vqva

ものが少ないシンプルなお部屋の天井に、なんとイルミネーションを設置しました。これをつけると部屋中がキラキラして、まるでファンタジーの世界に。1Kのお部屋での一人暮らしが楽しくなりますね。

4.シンプルななかにかわいいアイテムを

出典: https://roomclip.jp/photo/tkOH

ブラウン、ベージュ、リネン素材、そんなとことんシンプルなインテリアのアクセントに、壁に貼ってある動物のオブジェやアイアン調の照明をプラスする事で、味のある大人なお部屋に変身しました。

5.ベージュ+グリーンで統一したナチュラル可愛いお部屋

出典: https://roomclip.jp/photo/cwU3

まるでモデルルームの様な、シンプルなお部屋です。しかし木目調の家具やグリーンのソファ、窓辺に置いた観葉植物によって、ナチュラルな雰囲気にぐっと近づいています。窓が大きいので部屋全体がとても明るく見えます。

ほっこりナチュラルなインテリア

木目調を多めに取り入れ、アクセントでグリーンや植物を取り入れる事で、ナチュラルなインテリアが完成します。ほっとやすらぐ雰囲気が、おしゃれで人気のポイントです。

6.デスクが主役のナチュラルな学生部屋

出典: https://roomclip.jp/photo/t1CV

ほっとするナチュラルなインテリア。木目調の床に、家具もナチュラルウッドの素材で統一しています。学生の一人暮らしらしく、デスクがメインのインテリア。入り口側にデスクを配置する事で、作業をする場所とくつろぐ場所を上手にゾーニングしているのがポイントです。

7.メンズライクなグリーンたっぷり部屋

出典: https://roomclip.jp/photo/cWn9

窓際にはグリーンが沢山。TV台もDIYで制作したのだとか。ファブリックはグレーの無地で統一し、あまりかわいくなりすぎず、大人のややメンズライクなお部屋です。日光が沢山あたって、植物が気持ちよさそう。

8.グリーンに包まれて眠るベッドまわり

出典: https://roomclip.jp/photo/cw4j

ファブリックの素材も涼しげで可愛らしく、スタンド式ポットやハンギング式ポットでグリーンを沢山取り入れています。日当たりも良く、さわやかに目覚められそう。よく見るとベッドに収納が充実しています。

9.フラワーを花瓶で飾って、ナチュラルガーリーに

出典: https://roomclip.jp/photo/vQNj

ホワイト&パープルの色合いになるように、棚の上をコーディネート。花瓶に花を入れて、ナチュラルガーリーな雰囲気に。お気に入りのアートとアナスイのファンデーションケースも可愛らしくフェミニンになっています。

10.白基調のジャングル風グリーン

出典: https://roomclip.jp/photo/c9FY

家具は全て、白基調で統一し、爽やかな雰囲気に。そのまわりにこんもりと観葉植物をディスプレイし、まるでジャングルのようになっています。緑に囲まれたリビングで、ゆったりと過ごせます。

クールなモノトーンのインテリア

モダンでシンプルなインテリアは、大人女子から人気を集めています。クールなモノトーンでもさみしくならない、おしゃれに早変わりするインテリアは、6畳1Kのような間取りでも挑戦しやすいです。

11.モノトーンに写真でアクセントを

出典: https://roomclip.jp/photo/DZ5h

モノトーンの部屋のアクセントは、 壁やベッドヘッドなどに沢山ディスプレイされている写真やポストカード。これらも実はモノトーンで統一されています。すっきりとしたインテリアだからこそ、お気に入りの写真がアクセントになっています。
 

12.ホテルライクなロフトベッド

出典: https://roomclip.jp/photo/eGPN

ロフトの一角にベッドやテーブルを置き、寝室にしています。ロフトのような狭い空間ながらも、色をモノトーンで統一しているほか、ダマスク柄がとてもゴージャスな印象です。収納の取手もクリアなものに変えることで、部屋の印象にぴったりになっています。

13.コットンランプがかわいいアクセント

出典: https://roomclip.jp/photo/cfRJ

クールなモノトーンのインテリアに、かわいい印象のコットンランプを追加。リラックスできる雰囲気になっています。白のベッドシーツも清潔感があり、ホテルライクな印象です。

14.洗濯機・洗面所まわりも白×グレーでクールに

出典: https://roomclip.jp/photo/clnT

収納ボックスを統一し、タオルや足ふきマットも白かグレーで統一しています。グレーにすることによって、重くなりすぎず爽やかな印象になります。清潔感がありホテルライクな印象にもなっています。

15.トイレもモノトーンに!おしゃれでユニークに

出典: https://roomclip.jp/photo/kX5Z

トイレをモノトーンで統一している実例です。蓋にはステッカーが貼ってあり、シュールな雰囲気がたまらない。清潔感とおしゃれな雰囲気があり、トイレにもぴったりです。

おしゃれなカフェ風のインテリア

まるでカフェに来ているようなインテリアが人気です。基本は木目調に、キュート、レトロ、ナチュラル、サーフィン風など様々な要素と合わせてもおしゃれ。インテリアにあわせて、食器にこだわってもかわいいですね。

16.カフェ風インテリアに欲しいソファ

出典: https://roomclip.jp/photo/vQYX

カフェ風インテリアにぴったりな、ゆるっとした形のソファ。スターバックスのクッションとライム柄のファブリックも、カフェの雰囲気を出しています。テーブルでゆったりとカフェオレを飲みたくなるインテリアです。

17.まるで海の家のようなビーチ風インテリア

出典: https://roomclip.jp/photo/vqE2

さわやかなブルーのオーガンジーのカーテンに、ボヘミアンなベッドカバー、そしてコットンランプは、まるで海を眺めるカフェにいるような、さわやかな雰囲気です。壁も床も木目調なので、よりリラックスムード溢れます。

18.キュートなロフト寝室は、まるで隠れ家カフェ

出典: https://roomclip.jp/photo/c2bE

寝室としてロフトを利用していますが、可愛いチェック柄の布団が目に入ります。ダッフィー&シェリーメイがもこもこで、癒しの空間に。ちょっとアンティーク調のナチュラルなロフトベッドは、まるで隠れ家カフェのようなかわいさです。

19.ピンクいちごのナチュラルキュートカフェ

出典: https://roomclip.jp/photo/dscg

ナチュラルな木目調とピンクをコーディネートした一角は、甘い雰囲気のカフェのよう。ピンクいちごのカフェカーテンがかわいいカウンターテーブルには、コスメをディスプレイして、ドレッサーのようにしています。

20.レトロアメリカンな雰囲気カフェ

出典: https://roomclip.jp/photo/vqbn

木目調のナチュラルなキッチンには、調理用品や食器など日常で使うものに加え、DULTON製のヴィンテージアメリカンな小物をディスプレイ。レトロなカフェのような雰囲気のなか料理が楽しめるキッチンです。

かっこいい男前インテリア

カジュアルすぎず、落ち着いた大人びたテイストが人気の男前インテリア。暗くなり過ぎずにクールなテイストにするには、素材選びとDIYの駆使が必要になってきます。

21.アートが効いた辛口インテリア

出典: https://roomclip.jp/photo/DBHy

ダークトーンの家具やアイアン調の照明でピリッと辛口のシンプル部屋。大きなアートと、観葉植物、TV横のドライフラワーといったナチュラルな要素が味があります。

22.アレンジ自在な木目の壁をDIYで実現

出典: https://roomclip.jp/photo/DTDU

濃いブラウンの家具と、まるでデニムのようなネイビーブルーのファブリックは、男子の一人暮らしのお部屋をぐっとカジュアルにしてくれます。壁の木板はDIYで設置しており、時計やTVがかけられるようになっています。DIYでの一工夫も、男前インテリアに近づけるポイントです。

23.「渋レトロ」に近づける壁やテーブルのアレンジ

出典: https://roomclip.jp/photo/Dvem

箱をかたどったテーブルや、風合いのあるソファやクッションが醸し出す「渋レトロ」感。男前のぴりっとした雰囲気が出ています。そのままだと味気ない壁は、壁紙を貼って、よりアンティークな雰囲気に近づけました。

24.カリモクのソファでリッチな男部屋

出典: https://roomclip.jp/photo/cw0D

カリモクのレザーのソファ&チェアは、一つ置くだけで部屋が高級感あふれるものになると、一人暮らし男子からも大人気のアイテムです。グレイッシュなトーンのお部屋にひとつ置くだけで、リッチな雰囲気にぐっと近づきます。

25.近未来アートな雰囲気に

出典: https://roomclip.jp/photo/v7Yj

SF映画に出てくるような近未来感あふれるデザインは、男心をくすぐるもの。そんな近未来な雰囲気のする家具でコーディネートしたベッドまわりです。青く光るものはなんと空気洗浄機。RPGに出てくるようなセーブポイントの様な雰囲気で、ユニークな部屋のアクセントになっています。

リゾート感のあるアジアンインテリア

癒しの要素溢れるアジアンインテリアは、大人女子に大人気。カラフルに、またはナチュラルに、どちらに統一してみても楽しめます。

26.リゾート部屋のコツは、広々&ゆったり

出典: https://roomclip.jp/photo/gyMi

間接照明と大きな観葉植物が、リゾートの雰囲気あふれるお部屋に変身します。1DKか1LDKの広いお部屋は、低めの家具で統一してもっともっと広く魅せます。壁は壁紙を貼ってアレンジしています。

27.壁やファブリックにもこだわる癒し部屋

出典: https://roomclip.jp/photo/Zwwy

そのままだと味がない賃貸の壁は、風合いのある壁紙でリメイク。ローベッドであることで、1K6畳の部屋がとても広く見えます。かご編みバッグや座椅子、間接照明によって、リゾート感溢れる大人のリラックス空間ができあがっています。

28.カラフル&鮮やかでエネルギッシュな部屋

出典: https://roomclip.jp/photo/cgr1

壁や天井には沢山のサンキャッチャーやガーランドがずらり。カラフルでとにかくわくわくするお部屋です。クッションもエスニックなもので統一し、ベッドやカーテンも全てエスニックなファブリックです。これらの布はチチカカやチャイハネなどのエスニックインテリアショップで手に入るうえに、手軽に目隠しできるので、是非挑戦してみては。

29.カラフルなメキシカン部屋でシーシャを楽しむ

出典: https://roomclip.jp/photo/7APq

ミラーボールのような間接照明、カラフルなファブリック、そしてメキシコの切り絵「パペルピカド」を飾って、オリエンタルな雰囲気に仕上げています。そしてお部屋の主役はシーシャ(水タバコ)これがあるだけで少し怪しげな、魅力あふれる雰囲気いっぱいのお部屋になります。

30.カラフルファブリックでモロッコの豪邸を再現

出典: https://roomclip.jp/photo/e0AS

まるでモロッコのリゾートにある豪邸のような寝室です。目が覚めるような鮮やかなファブリックを沢山取り入れ、カーテンも、ベッド上部も、再度の棚も、とびきりゴージャスに仕上げました。フェイクグリーンがまたリゾート感がありますね。

すてきな北欧インテリア

木目調を多めに取り入れ、アクセントでグリーンや植物を取り入れる事で、ナチュラルなインテリアが完成します。ほっとやすらぐ雰囲気が、おしゃれで人気のポイントです。

31.モノトーン+色柄のアクセントは北欧調の基本

出典: https://roomclip.jp/photo/cgFi

ホワイト~グレーで統一され、シンプルなインテリア。ベッドに置いたラウンドマットの柄と、TV側のブルーの壁がアクセントになっています。こういったインパクトのある色柄をアクセントで取り入れることで、簡単に北欧調インテリアに近づくことができます。

32.家具はシンプルに、飾りはとびきりカラフルに

出典: https://roomclip.jp/photo/qtdH

ナチュラル+アクセント+リラックスが北欧調インテリアに近づくポイント。全体的に白を基調とし、雑貨を思い切りカラフルにました。テーブルとプフのゆるっとした形もリラックス感あふれ、おしゃれかつゆったり過ごせるインテリアです。

33.犬と暮らす北欧調のブルーのお部屋

出典: https://roomclip.jp/photo/cmay

ケージがあるので、犬と暮らしている方です。犬用のクッションもインテリアにあわせてブルーで統一していますね。壁もクッションも寒色ですっきりと揃えているほか、ところどころに北欧ブランドの家具を取り入れています。

34.爽やかなブルーで、北欧のお部屋へようこそ

出典: https://roomclip.jp/photo/cGWf

床や靴箱の上の壁、扉、これらをアクセントクロスでリメイクしたおしゃれな玄関。白×ブルーがさわやかで、招かれた人も笑顔になりそう。ニッチ部分には夏らしいアイテムを飾って、アクセントになっています。

35.アクセントカラーを決めるともっとかわいく

出典: https://roomclip.jp/photo/EVgr

シンプルなインテリアの中に、アクセントカラーを決めて取り入れている実例です。このインテリアでは黄色と青がアクセントカラーとされており、ソファやファブリックで取り入れられています。さわやかでかわいらしい印象になっています。

特別感のあるホテルライクなインテリア

ホテルライクとは、生活感のない、まるでリゾートホテルのようなインテリアのことを言います。優雅でドレッシーな雰囲気は近年注目を集めています。しかし、広さに限りのある物件で、どう工夫すればホテルライクな部屋に近づくでしょうか。

 

36.ホテルライクな大理石の洗面所

出典: https://roomclip.jp/photo/t2wi

ホテルの洗面所といえば、大理石。普通の一人暮らしの洗面所に、大理石柄のカッティングシートを貼る事で、ぐっとホテルライクになります。お花のソープディッシュやおしゃれなパッケージの石鹸などをあまり出しすぎないようにディスプレイする事がホテルライクへの一歩です。

37.対照的なランプがホテルライクな寝室に

出典: https://roomclip.jp/photo/cVBu

ベッドはすっきりとした足つきマットレスに、爽やかな白のシーツで、ホテルライクな寝室を目指しています。ベッドの両側にサイドテーブルを置き、その上にテーブルランプを置きました。よりホテルライクな、おしゃれな雰囲気になっています。

38.1LDKのホテルライクなインテリア

出典: https://roomclip.jp/photo/t1YX

1LDKの場合のホテルライクなインテリアは、リビングと寝室の間のパーテーションを利用します。壁にボーダーを貼り、フリンジがさわやかな暖簾をセットして空間分けをしており、ホテルライクな安らぎインテリアになっています。ファブリックのブルーも爽やかなホテルライクな要素に。

39.コンクリート打ちっぱなし×ホテルライク

出典: https://roomclip.jp/photo/cwHu

コンクリート打ちっぱなしのお部屋を、ホテルライクな雰囲気に。壁のアートとカッシーナ製のチェアもおしゃれです。ここまでものが少なく、生活感を排除できているのにも驚きです。

40.ホテルライクなお部屋には、ゴージャスなシャンデリアを

出典: https://roomclip.jp/photo/FVcW

カーテンも、シーツやファブリックもモノトーンで統一し、徹底してホテルライクなインテリアに近づけています。なんといってもアクセントは天井のシャンデリア。シンプルなインテリアの中に、一つゴージャスなアクセントを加えると、よりホテルライクに近づきます。

一人暮らしのインテリアに取り入れたい家具や雑貨は?

ソファ

一人暮らしなら一回は憧れるソファ。このソファひとつで、ぐっと安らぐインテリアになります。しかし、6畳や1Kといった狭めの間取りでは、なかなかソファを置くだけで手狭になってしまうので、間取りの広さとの相談が必要です。また、一人暮らし用のコンパクトなソファも登場しているので、そちらを検討すると言う手もあるでしょう。

観葉植物

ひとつ取り入れるだけでお部屋に自然味をプラスできる観葉植物は、一人暮らしのインテリアに大人気。どんなスタイルのインテリアにもぴったりです。本物を取り入れるのが難しいという人は、フェイクグリーンでも十分素敵になります。

こたつ

日本人なら大好きなアイテム「こたつ」冬は毛布をかけてあったかく、夏はちゃぶ台として利用できます。また最近は毛布の柄もおしゃれなものが登場しているので、インテリアにあわせてチョイスできる点もおすすめです。

デスク

学生の一人暮らしにとって、集中して勉強や作業ができるデスクは必須。 すっきりとシンプルなものから、収納が充実しているものまで沢山登場しています。とにかく使いやすいかどうかが、学生の一人暮らしにおいて最大のポイント。よくサイズを測って、ぴったりなデスクを選びましょう。

おしゃれで快適なインテリアで一人暮らしを楽しもう!

一人暮らしのインテリアの工夫は、間取りや広さによってそれぞれです。自分が住もうとしている物件に合ったインテリアの工夫をすることで、より便利に、快適に暮らすことができます。自分に合った、自分が目指しているスタイルにお部屋を近づけながら、一人暮らしを楽しみましょう。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
家村絵未
よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ