コントロールカラーのおすすめ人気20選!選び方&使い方も【美肌】

季節や年齢、疲れなどでどうしても避けられないお肌の悩みをかかえている方は多いのではないでしょうか。そんな時はいつものメイクにコンシーラーより簡単なコントロールカラーを取り入れてみて下さい。お肌の悩みに合わせて、コントロールカラーの使い方や選び方をご紹介します。

コントロールカラーのおすすめ人気20選!選び方&使い方も【美肌】のイメージ

目次

  1. 1コントロールカラーの魅力&選び方!
  2. 2【イエロー】コントロールカラーの選び方&おすすめ人気4選!
  3. 3【ピンク】コントロールカラーの選び方&おすすめ人気4選!
  4. 4【グリーン】コントロールカラーの選び方&おすすめ人気4選!
  5. 5【オレンジ】コントロールカラーの選び方&おすすめ人気4選!
  6. 6【ブルー】コントロールカラーの選び方&おすすめ人気4選!
  7. 7【パープル】コントロールカラーの選び方&おすすめ人気4選!
  8. 8コントロールカラーの【使い方】は?
  9. 9コントロールカラーのおすすめの【塗り方】は?
  10. 10みんなのおすすめコントロールカラーを見てみよう!
  11. 11コントロールカラーで肌トラブルをカバーしよう!

コントロールカラーの魅力&選び方!

コントロールカラーとは

コントロールカラーとは、しみ・くすみ・くま・赤みなどのお肌の色の悩みをカバーして、自然な肌色に見せるアイテムです。肌色の悩みをカバーするアイテムと言えばコンシーラーが思いつきますが、コントロールカラーはコンシーラーよりも自然にカバーできるので、厚塗り感もなく仕上がりもキレイです。
ですが、最近ではコンシーラーとコントロールカラーの良いところを合わせたハイブリッドな商品もあるようです。ですので、使いやすいアイテムを見つけましょう。
コントロールカラーには、イエロー・グリーン・ブルー・パープル・オレンジ・ピンクなど色の種類がたくさんあるので、自分の肌の悩みに合わせた選び方や使い方のポイントを押さえてメイク上級者のような仕上がりを目指しましょう。

コントロールカラーの選び方

イエロー・グリーン・ブルー・パープル・オレンジ・ピンクと、コンシーラーとは違ったカラーバリエーションのコントロールカラーは、この中からどの色を選べばいいか迷いますよね。これらの色にはそれぞれ期待できる役割が異なるので、お肌の悩みに合わせて効果的なコントロールカラーの選び方をマスターしましょう。コントロールカラーのそれぞれの色に期待できる役割を紹介していきます。

【イエロー】コントロールカラーの選び方&おすすめ人気4選!

イエローのコントロールカラーの選び方とおすすめをご紹介します。

イエローのコントロールカラーは

イエローのコントロールカラーは、肌のくすみや色むらをカバーしてくれます。健康的な肌色に見せてくれる効果が期待でき、日本人の肌色に一番近いカラーなので幅広い肌色の悩みを解決してくれます。迷ったらまずはイエローを選べばよいでしょう。

イエローのコントロールカラーのおすすめ人気4選!

イエロー系のコントロールカラーのおすすめ商品と口コミを合わせてご紹介します。

無印良品 ベースコントロールカラー・イエロー の口コミ

  • イエローが凄く肌に馴染むのでオススメです。ファンデとの相性も抜群また買いたいです!
  • 肌がワントーン明るくなって透明感が増し、ファンデとの色馴染みもよくなったので買ってよかったです。

THREE(スリー) THREE アンジェリックコンプレクションプライマー (03 YELLOW ROSE)の口コミ

  • 塗るとスキンケアをしているかのように肌に浸透し、もちもちツヤツヤになります。
  • 赤みを抑えるイエローを購入しました、伸び良いです!つけ心地も軽やか!

【WHOMEE フーミー】コントロールカラーベース (イエローグロウ)の口コミ

  • 可愛いパッケージでコンパクトなので、外出先でも使えて良いです。適量を全体になじませると、しっとり潤います。
  • 明るいイエローカラーで、気になる口元や目元に部分的に使うとくすみが無くなります。
    かなりツヤ感がでます。

江原道 メイクアップ カラーベースイエローの口コミ

  • クマにはイエローが良いのは知ってたのですが、なかなか綺麗にハイライト効果でクマを隠してくれます。
  • 伸びが良く長持ちですし化粧崩れしません。

【ピンク】コントロールカラーの選び方&おすすめ人気4選!

ピンクのコントロールカラーの選び方とおすすめをご紹介します。

ピンクのコントロールカラーは

ピンクのコントロールカラーは暗い印象の肌を明るく見せてくれる効果が期待できます。血行の良い肌の色に見せてくれます。ほんのり可愛らしい雰囲気を演出したい時などにもおすすめです。

ピンクのコントロールカラーのおすすめ人気4選!

ピンク系のコントロールカラーのおすすめ商品と口コミを合わせてご紹介します。

イプサ(IPSA) コントロールベイス(ピンク)の口コミ

  • ピンクを購入しました。パッと顔が明るくなり透明感も出て、カバー力も適度にあります。かといって不自然に白浮きしたりすることはありません。
  • ピンクは肌につければくすみがなくなり、程よく血色感がでます。

インテグレート グレイシィ コントロールベース (ピンク) の口コミ

  • ピンク使用です。ファンデはリキッドを使用していますが、これを下地に使うと
    つきが良いです。
  • ピンクの使用感は固めのテクスチャー、伸び普通肌をトーンアップして、色ムラを整えてくれます。

クーピー柄ペーパーファンデーション コントロールカラー(ピンク)の口コミ

  • これはとてもいいです。化粧直しに最適。ピンクを購入しました。
    この手の商品は大体色が濃くて失敗するのですが、こちらは粉っぽくもならず乾燥してしまう事もなく血色をよくして健康そうに見せてくれます。
  • ペーパーなので、使い方が簡単。お化粧直しの時とかにササッと使えて便利。

24 コントロールベースカラー 01ブライトピンクの口コミ

  • お肌に優しく、UV効果がありちょっとラメっぽい感じでくすみや毛穴を綺麗に隠してくれます。匂いは椿の香りで、つけた後はサラっとしています。
  • 血色が悪いので、ブライトピンクを購入しました。伸ばすと色はなじんで分からなく、なんとなく顔色が良く見えます。
  • ラメ入りなのはびっくりしたけど、実際つけたら派手にはなりません。ほんのりツヤが出て、自然にワントーン明るくなり、薄いシミやくすみなら飛ばしてくれます。

【グリーン】コントロールカラーの選び方&おすすめ人気4選!

グリーンのコントロールカラーの選び方とおすすめをご紹介します。

グリーンのコントロールカラーは

グリーンのコントロールカラーは赤ら顔やニキビ跡をカバーしてくれます。気になる赤みを押さてくれるので朝起きた時の急な肌トラブルにもグリーンのコントロールカラーで落ち着いて対応できます。

グリーンのコントロールカラーのおすすめ人気4選!

グリーン系のコントロールカラーのおすすめ商品と口コミを合わせてご紹介します。

RMKコントロールカラー グリーンの口コミ

  • 綺麗なミントグリーンが赤みをしっかりカバーしてくれて、ファンデとの相性も良く綺麗な仕上がりになるため欠かせないアイテムになっています。
  • 毛穴・赤みをカバーしてくれる優れものなので重宝してます。
    パール大を指に取り顔全体に塗ってます。軽めのテクスチャーでスッと馴染みます。

パルガントン RGB カラーコントロ-ルべ-ス グリーンの口コミ

  • 赤みを消したくてグリーンを購入しました。上から塗るファンデを邪魔することもないし、
    スルッと塗れるし、パッケージも可愛いのでなかなかだと思います。
  • 赤みが悩みだったのですが、しっかり抑えられて感動です!頬が火照りやすいので冬は必須ですね。あと、ニキビの赤みも消えてくれました。

エリクシール シュペリエル コントロールベースUV (グリーン) の口コミ

  • 赤さがとても気になった時に買ってみたのですが肌もなめらかになるし皮脂でくすみが出たりもなくファンデーションもピタッときれいにつきます。
  • 伸びがよくつけごごちもよかったです。肌になじんでuv効果もあり朝のメイクに最適です。

ケイト 化粧下地 シークレットスキンCCベースゼロ EX-2 赤みを抑え、透明感のある肌に仕上げるライトグリーン の口コミ

  • グリーン、お気に入りです。肌のなじみがよく、すーっと伸びる感じです。この価格での透明感やトーンアップは素晴らしいです。素肌感を重視する方やナチュラルメイク派の方におすすめです。
  • ライトグリーンを使いました。使ってびっくりしたのが肌の透明感!めっちゃ肌が綺麗に見えます。

【オレンジ】コントロールカラーの選び方&おすすめ人気4選!

オレンジのコントロールカラーの選び方とおすすめをご紹介します。

オレンジのコントロールカラーは

オレンジのコントロールカラーは目の下のクマをカバーしてくれるほか、茶色いくすみを目立たなくしてくれるので、若々しい印象に見せる効果が期待できます。

オレンジのコントロールカラーのおすすめ人気4選!

オレンジ系のコントロールカラーのおすすめ商品と口コミを合わせてご紹介します。

MAMEW(マミュ) コントロールリキッド-化粧下地 オレンジ の口コミ

  • コントロールカラーのオレンジは薄いシミソバカスならとても綺麗にカバーできます!コンシーラーのように厚塗りにならず、くすみにも凄い威力を発揮してくれます!
  • こちらの、コントロールカラーオレンジは3度もリピートしています。本当に使いやすいし、肌が綺麗に見えます。私は、目の周りには、このコントロールカラーと、コンシーラの濃い色を混ぜたものを叩き込み、顔全体はコントロールカラーを叩き込んで仕上げています。結構、評判いいですし、自分で鏡見ても綺麗な仕上がりを実感できます。とてもオススメです。

カリプソ マジックコンシーラー ハローキティ サーモンベージュ の口コミ

  • さすが人気のコンシーラー。良かったです。サーモンベージュを使っています。液は少しもったりしているというか重めですが伸びは良いです。私はクマが濃いのでこれくらいがちょうどよかったです。
  • 少しコッテリめなテクスチャー。でも少量でもよく伸びます。私がいままで使用したコンシーラーの中で一番カバー力があると実感してます。しかもドラッグストアで買えるお手頃な価格で財布にも優しい◎

ポール&ジョー(P&J) モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S【#02】 #ハニー の口コミ

  • この下地にしてから、化粧を落とした後でも肌がツルツルモチモチした感じがありすごく重宝しております。
  • これを使うとその後のリキッドファンデがツヤツヤに。肌が綺麗な方はこちらとお粉だけで充分なくらい、自然に顔色を明るく、赤みなどもしてくれます!

カネボウ メディア メイクアップベースS 肌くすみ消しオレンジの口コミ

  • くすんだ肌にはオレンジのベースが良いと聞き、こちらの商品にたどり着きました。プチプラでピンク、グリーンはあれどオレンジのベースってあまりないような??パール一粒の量で十分に伸びますし、塗った後はトーンが明るくなります。匂いもないし、白浮きもせず重宝しています。
  • 肌のトーンアップをしたくてカラーコントロールのできる下地を探していたのですが、ようやくこちらに落ち着きました。私は青やピンクの下地は白浮きしてしまうのですが、オレンジだと私の肌を明るくしてくれるようです。お値段もとてもお手頃です。

【ブルー】コントロールカラーの選び方&おすすめ人気4選!

ブルーのコントロールカラーの選び方とおすすめをご紹介します。

ブルーのコントロールカラーは

ブルーのコントロールカラーは、黄色いくすみを目立たなくしてくれます。ブルーのコントロールカラーは、色白の人には血行が悪く見えてしまうことがあるので、おすすめできません。この点だけ注意しましょう。

ブルーのコントロールカラーのおすすめ人気4選!

ブルー系のコントロールカラーのおすすめ商品と口コミを合わせてご紹介します。

UVベースコントロールカラー・ブルーの口コミ

  • 肌がくすむことが多いのでブルーをずっと愛用しています。下地に数滴入れた使い方をしています!
  • ブルー使用。ホワイト寄りのブルーなので結構白くなります。色白肌メインかな?ちょこっと使いでも伸びがあるのでコスパいいです!

イプサ(IPSA) コントロールベイス(ブルー)の口コミ

  • ブルー使用中です。手に出すとブルーですが伸ばすとベージュに変わります。白浮きせず不自然にならないのに補正してくれるのでお気に入りです。
  • いろいろ試しましたがこれ以上に私が気にいるものは今のところありません。化粧水や日焼け止めなどをつけてから下地を塗るとよれたりうまく塗れなかったりする下地が多かったのですが、この下地はよれることがないです。うまく馴染んでぴったり肌に密着してくれます。下地だけでも十分なカバー力。ちゃんと肌にあった色を教えてくれるので肌がきれいに見えます。

【WHOMEE フーミー】コントロールカラーベース (ブルー)の口コミ

  • ブルーを使っています。伸びがよく、かといって肌の上で滑らないので崩れにくく。崩れても綺麗なので夕方でも顔色が明るいです。
  • 固めのクリームですが、伸びは良いです。そばかすのある所にはしっかりカバー力があって、肌がキレイに見えます。

無印良品 UVベースコントロールカラー・ブルーの口コミ

  • 無印のUVベースが肌色補正もでき、コスパもいいので購入して使ってみました。ほどよくトーンアップしてくれてフェイスパウダーをのせれば十分です。夕方まで比較的崩れず持ちます。
  • 伸びと馴染みがとても良く、他の下地の上から重ねてもヨレずに綺麗に仕上がります。サラッとした液で保湿力もありそうだったし、SPF50+、PA+++と高UVカットで無香料、無鉱物油、アルコール、パラベン、紫外線吸収剤フリーとお肌に優しいのも嬉しいです。

【パープル】コントロールカラーの選び方&おすすめ人気4選!

パープルのコントロールカラーの選び方とおすすめをご紹介します。

パープルのコントロールカラーは

パープルのコントロールカラーは肌全体に透明感を演出してくれる効果が期待できます。また、エレガントな印象を与えるからーなので、特別な日のメイクにもおすすめです。

パープルのコントロールカラーのおすすめ人気4選!

パープル系のコントロールカラーのおすすめ商品と口コミをご紹介します。

CandyDoll ブライトピュアベース<ラベンダー>の口コミ

  • ラベンダーなので、トーンアップしてくれます。伸びも良く付けやすいです。保湿力もあり、乾燥肌のわたしでも使いやすかったです。SPFなど最高値なので紫外線対策もできます。
  • プチプラで、肌色補正できて、SPF50とかありがたい。顔汗ひどい私でも、汚く崩れたりはしなくて、時間がたってもくすみません。

RMK(アールエムケー) RMK ベーシック コントロールカラー N (02 パープル)の口コミ

  • パープルをいつも使っています!ナチュラルなのにクマも隠れて顔がワントーン明るくなります!ずっと使っているお気に入りのひとつです
  • 全く乾燥しません。一回に使用する量も極々少量なのでコスパも良いです。

COSCOS(コスコス) カラーコントロールベース ライラックパープルの口コミ

  • 肌のくすみ、色ムラをしっかりとカバーしてくれます。いつも気になる毛穴も目立ちにくくなるます。
  • 伸びが良く、化粧崩れしにくいのでリピしたいとおもいます!

ピディット モイストコントロールベースの口コミ

  • ワセリン入りというのがわかる質感です。もわっとしてるというか、もこもこ、ふわふわしてます。私は好きです!
    のびもすごく良い。これの前に使ってた下地が伸ばしづらかったので気持ちいいです。スキンケアとの相性もいいです。
  • パッケージの可愛さに惹かれて購入。パープルは透明感が出ると聞いたことがあったので、透明感アップを期待しながら塗ってみるといい感じ!少量ですごく伸びます。そして本当に透明感がでました。気に入っています!。

コントロールカラーの【使い方】は?

難しそうなコントロールカラーの使い方ですが、コツをつかんで慣れればメイクに自信のない方や初心者さんも大丈夫。簡単に上級者のような仕上がりになります。全体用は化粧下地の使い方を、部分用はコンシーラーの使い方をイメージするとわかりやすいでしょう。正しい使い方をぜひ覚えて下さいね。

部分用と全体用で使い分けよう

コントロールカラーにはお顔全体に使う全体用と、クマやニキビ跡などのピンポイントでコンシーラーのように使う部分用があります。
全体用のコントロールカラーはテクスチャーが柔らかく、化粧下地としても使えます。
部分用のコントロールカラーはテクスチャーが硬めのものが多く、気になる部分をしっかりカバーしてくれます。この場合は、お顔全体に化粧下地で土台を作っておきましょう。

使用時の正しい順番は

メイクの際にコントロールカラーを使用する順番は
スキンケア→UVクリーム→化粧下地(または全体用のコントロールカラー)→コントロールカラー→ファンデーションというように、ファンデーションの直前に使用します。

コントロールカラーのおすすめの【塗り方】は?

コントロールカラーの塗り方をきちんとすることで、仕上がりが格段に変わってきます。ぜひおすすめの使い方を実践してみて下さい。

コントロールカラーの塗り方①全体用の場合

全体用のコントロールカラーは、化粧下地と同じような使い方で塗っていきましょう。

①コントロールカラーを適量手の甲に出す。

パール1粒程度のコントロールカラーを手の甲にだします。量が多すぎるとヨレや化粧崩れの原因になるので、適量に気を付けましょう。商品によって適量をパッケージで確認してください。

②指でなじませる。

手の甲に出したコントロールカラーを、指でなじませます。こうすることで、顔に塗るときにムラになりにくく、塗りやすくなります。

③おでこ・両頬・鼻先・顎の5点になじませたコントロールカラーをのせる。

メイクの基本、おでこ・両頬・鼻先・顎の5点にコントロールカラーを均等にのせていきます。

④指先・指の腹を使って内側から外側に向かってのばしていく。

コントロールカラーをお顔の内側から外側に向かって、薄く均等になるようにのばしていきます。指先や指の腹を使って、小鼻や口角などの細かい部分にも丁寧にのばしましょう。

⑤スポンジを使ってなじませる。

お顔全体にコントロールカラーをのばしたら、更にスポンジを使って優しく押し込むようにポンポンとなじませていきます。ここで、余分なコントロールカラーもとることができ、厚塗り感や塗りムラを防止できます。

⑥フェイスラインもなじませる。

輪郭と首との境界線も自然に見えるよう、最後にフェイスラインもなじませます。

コントロールカラーの塗り方②部分用の場合

部分用のコントロールカラーは必要な分だけ、少しずつ塗る使い方をしましょう。

①化粧下地を顔全体に塗る。

全体用コントロールカラーの塗り方を参考に、ベースになる化粧下地を塗っていきます。

②指先にコントロールカラーを出す。

全体用の場合とは違い、コントロールカラーを塗る部分によって量を調節し、手の甲ではなく指先に出します。

③気になる部分に少しずつのせていく。

指先に出したコントロールカラーをポンポンと優しくのせるように、気になる部分になじませていきます。足りない場合は少しずつ塗り足してなじませましょう。

みんなのおすすめコントロールカラーを見てみよう!

THREEのコントロールカラーは、ジェルのようなテクスチャーが重くないさっぱりとした使用感なので、暑くなる夏におすすめです。グリーンのコントロールカラーは、日焼けで赤くなりやすい方も自然にカバーできますよ。

ruruedさんの投稿
35575482 2201377233455105 7827926309002018816 n

韓国コスメ、ペリペラのコントロールカラーはパッケージも可愛くて人気があります。パステル調のコントロールカラーは並べるとよりいっそう可愛いですね。

icecrinaさんの投稿
35395930 2186318424715626 7856121845882290176 n

エチュードハウスのコントロールカラーは珍しいコンパクト型。クリームタイプが苦手な方もスポンジで直接ポンポンと簡単に塗れるのでおすすめです。

patra_magさんの投稿
35616737 2173172492958756 1085322808176672768 n

コントロールカラーで肌トラブルをカバーしよう!

コントロールカラーは肌によって色を使い分けることで、理想の肌色に近づけられることをわかっていただけたと思います。クリームタイプのものだけでなく、パウダータイプのものやペンシルタイプのものコンシーラーと合わさったようなものなど、いろんな商品がありますので、是非自分に合った使い方でメイクを楽しんでくださいね。ベースが整うと、ポイントメイクもさらに楽しくできますよ。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ino
駆け出しライター日々勉強中です。ネコ目線で子育て中(´・ω・`)

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ