子供の名前を姓名判断!運勢の良い名前は画数で決まる?【五格とは】

子供の名前を決める時、あなたは何を気にしますか?どういった人になって欲しいかなど色々な願いを込めることでしょう。実は名前の画数によって、子供の運勢が左右されるという占いの流派もあります。ぜひ名字に合った画数で、縁起の良い名前をつけてあげましょう。

子供の名前を姓名判断!運勢の良い名前は画数で決まる?【五格とは】のイメージ

目次

  1. 1子供の運勢は画数で決まるの?
  2. 2姓名判断の基礎知識!【五格とは】
  3. 3手軽に計算!姓名判断サイト7選
  4. 4名付けにおすすめの人気アプリ5選もチェック!
  5. 5画数に基づいた名付けのコツと注意点
  6. 6一生モノの名前を子供への最初のプレゼントにしよう

子供の運勢は画数で決まるの?

子供の名前は、両親が子供に渡す最初のプレゼントだと言われています。響きや漢字など、様々な願いを込めて名前を贈るかと思いますが、中には「画数」をとても気にする人も多くいます。

「姓名判断」という言葉は、多くの人が耳にしたことがあると思います。姓名判断とは、一般的に名字や名前の画数から、子供の性格だけではなく恋愛運や適職、将来における人間関係などを判断する、日本の伝統的文化です。

あまりとらわれ過ぎる必要もありませんが、それでもいざ自分の子供に名前を付けることになれば出来るだけ良い運勢の名前を付けてあげたいと思うのが親心というもの。ここでは、姓名判断の基礎知識や簡単に診断できるサイトやアプリ等を紹介したいと思います。

赤ちゃん

参考にして、ぜひ大事な子供に素敵な名前をプレゼントしてあげてくださいね。

姓名判断の基礎知識!【五格とは】

姓名判断を行う時、子供の名前の画数で診断を行います。日本の姓名判断の多くは「五格」という考え方が元になっています。

「五格」とは、姓名を「天格」・「人格」・「外格」・「地格」・「総格」の五つに分けた総称のことをいいます。それぞれの意味や計算方法に関しては、下で詳しく説明させていただきます。

五格では「健康運」・「社会運」・「家庭運」を主に判断します。この場合の社会運は「仕事運」、家庭運とは「結婚運」と解釈しても構いません。子供に付けた名前が、生涯を通じて健康・仕事・結婚に影響をもたらすのです。

まさに、親から子供への最初のプレゼントとしてふさわしいものと言えますね。

プレゼント

先天的な運勢を表す天格

天格は、自分の名字の総画数で占います。例えばあなたの名前が「田中太郎」さんだったら「田中」の総画数である九画が天格の診断材料となります。

名字は、先祖代々受け継がれてきたものであり、天格もあなたが生まれながらに持っている先天的な運勢を判断することに用いられます。名付けをする親の意向によって左右できるものではないため、他の格と比べて重要度は少し劣ります。

先祖

天格だけの吉凶で判断するよりは、他の格との相性などと総合的に判断することで主に社会運を占う格であると言われています。

一生の運勢を表す人格

人格は、名字の一番下の文字と名前の一番上の文字の総画数で占います。先ほどと同様にあなたの名前が「田中太郎」さんだったら「中太」の総画数である八画が人格を占う材料となります。

努力

五格の中で最も重要なのが、この人格だと言われています。人格は生まれつきの性格や能力などを表します。しかしながら、結婚等の理由によって名字が変わることは決して珍しいことではありません。ここに関しては、下の方で後述したいと思います。

人間関係を表す外格

外格は、あなたの名前の総画数から人格の画数を引いた文字数で占います。「田中太郎」さんの場合、総画数が二十二画であり、人格を表す「中太」の総画数が八角なので、外格は十四画で計算することになります。

外格は一生涯の人間関係や社会運(仕事運)を表します。これが吉数と言われている画数の人は社交性や協調性に富み、人間関係で苦労することがない人生を送ると言われています。逆に外格が凶数の名前を持つ人は、人間関係で悩みがちな人生を送ることが多いと言われています。

子供時代の運勢を表す地格

地格は、名前の文字数の総画数で占います。「田中太郎」さんの場合「太郎」の総画数である十三画が地格を占う材料となります。

地格は子供時代の運勢を表します。生まれてから青年期頃までの子供の運勢や能力・性格・体質等を表します。まさに親から子供に授ける最初のプレゼントとしてふさわしい格だと言えるでしょう。

地格が吉数の人は、幸福な青年期を過ごすと言われています。逆に凶数の人は若いころに苦労しがちな人が多いようです。

中年以降の運勢を表す総格

総格は、名字と名前の全ての総画数で占います。「田中太郎」さんの場合は二十二画が総格を占う材料となります。

総格は一生の全体的な運勢を暗示すると言われています。先ほどあげた天格・人格・外格・地格の全てを含んだ画数なので、判断の上で重要なポイントとなります。子供時代の運勢を表す地格とは対照的に、総格は中年以降の運勢がどのようなものであるかを占います。

結婚や離婚・改名などは基本的に青年期以降に行われることがほとんどです。子供の名付けだけではなく、自分の名前が変わる際にも総格を気にしてみると良いでしょう。また、芸名やペンネーム等を付ける際にもぜひ気にしてみてください。

手軽に計算!姓名判断サイト7選

昔から、子供の名付けには姓名判断が多く用いられてきました。今でも、書店に行けば子供の命名に関する本は大量に購入することができます。一方、妊娠が発覚してからは体調の都合でなかなか思うように外出出来ない人も多く存在しています。

パソコン

そこで、手軽に計算できる姓名判断サイトを7つ紹介したいと思います。流派によって判断基準が少し異なっていますので、自分の考えに近いサイトをぜひ見つけてみてくださいね。

姓名診断 いい名前ネット

先ほど紹介した五格を分かりやすく解説しつつ、無料で診断してくれるのが「いい名前ネット」です。同じ字画数の著名人や歴史上の人物も紹介してくれるので、参考にしやすいでしょう。

また、入力した名字と相性の良い子供の名前や、逆に名前に相性の良い名字なども数個紹介してくれます。結婚前に自分の改姓後の運勢が知りたい時や、子供の名付けに迷った時に重宝するサイトです。ただし、名付けに関しては画数重視で少々突飛な名前が出てくることもあるので、そこは注意してご覧ください。
 

姓名判断 彩

五格の判断の他に、漢字一文字ずつをとって人気の名前ランキングなども載せているのが「姓名判断 彩」です。子供の命名に使いたい漢字は決まっているが良い名前が思い浮かばない時など、参考にすると良いサイトでしょう。

また、仮に結果が大凶になっても祈願書等でそれを打ち消す方法も紹介してくれているので安心です。風水等に興味がある人は、ぜひ利用してみると良いでしょう。ただし、祈願書等に関しては有料での販売となっておりますので、あらかじめご了承ください。

姓名判断無料占い 陰陽式

とてもシンプルに占ってくれるのが「姓名判断無料占い 陰陽式」です。フィーチャーフォン(ガラケー)でも表示できるので、子供の祖父母世代でも簡単に利用できるのが魅力的です。

人生の傾向や吉名度なども簡単に見られるので、子供の名付けの複数候補となっている名前を手早く比較したい時に重宝します。色々候補があって、絞り切れない時に使ってみるのが良いでしょう。

仙人の姓名判断

五格の占いに加え、姓名による相性占い等の項目もあるのが「仙人の姓名判断」です。運気パワーを「総合運」・「対人運」・「社会運」・「健康運」の4つの項目に分けて診断してくれるのも独特で面白いサイトです。

名付けの際に注意したい点なども併せて紹介されているので、今から子供の名付けを考えるという方は、ぜひ目を通してみると良いでしょう。相性占いで、自分たちの旧姓・新姓の相性を見比べるのも面白いですね。夫婦の会話のネタの一つになること間違いなしです。

赤ちゃん命名.com

日本の伝統的な姓名診断である「五格」だけでなく、古代中国から利用されている「陰陽五行」でも姓名診断ができるのが「赤ちゃん命名.com」です。また、あなたの名字から子供の名前におすすめの画数なども算出してくれるので、なかなか決まらない時にもおすすめです。

名付けに使える漢字が簡単に検索できるのもおすすめポイントの一つ。人名には使えない漢字を間違って使う心配もないので、占いにこだわらない人も名付けの際には利用してみると良いでしょう。

あなたの人生傾向と生涯運

若年期・壮年期・晩年期に大別してどのような人生を送るかを占ってくれるのが「あなたの人生傾向と生涯運」というサイトです。こちらでは「五格」ではなく「五位」という言葉を用いて占っていますが、示している内容は同じなので安心してご覧いただけます。

最後に総括として「対人・社会運」に関する項目があるので、人間関係に悩んでいる人にもおすすめできます。比較的シンプルな構成なので、あまり長々と読むと混乱してしまうといった優柔不断な人にも使いやすいサイトだと言えるでしょう。

21世紀の姓名判断命名navi

子供の名前を決める前に、ぜひ一度見てほしいサイトが「21世紀の姓名判断命名navi」です。五格による占いは、漢字の総画数を元に運勢を占いますが、こちらのサイトでは平仮名入力による音でも運勢を判断することができます。

名字を入力すれば名前におすすめの画数が表示されるのも嬉しいですね。その画数のうち、名付けに使える漢字の一覧も表示させることができるので、良い漢字が思いつかない人にもおすすめです。

名付けにおすすめの人気アプリ5選もチェック!

上記で紹介したサイトの他に、スマホをお持ちの方はアプリで簡単に姓名判断を行うこともできます。ここでは、おすすめのアプリを5つ紹介したいと思います。

スマホ

姓名判断(iOS・Android兼用)

五格による占いの他に、事故・病気の暗示まで判断してくれるのが「姓名判断」というアプリです。画面も見やすくシンプルなので、色々な人に説明する際にもおすすめです。

↑ このように判断されるので、画数による吉凶がわかりやすいのが特徴

姓名判断の他に、誕生日を入力することで今日の運勢も診断してくれます。占いが好きな人はもちろん、職場での話題作り等にも役立つアプリでしょう。

名付け鑑定(iOS・Andoroid兼用)

幸福度の数値が出るわかりやすいアプリが「名付け鑑定」です。男の子と女の子、性別で選べるので様々な診断結果を見ることができます。

↑ 幸福度を表す装飾が、なんとも可愛らしいですね

名前の候補も、文字や姓から探すことが出来るので、今から名付けを考えるといった人にもおすすめ出来るアプリです。名付けに使いたい音が決まっている人は、そこからおすすめの漢字も提案してくれるので便利ですね。

↑ この「希望の文字から探す」を選択し「太」を入力すると、下のような結果が出ます

追加課金が必要になりますが、名前によって天職や生涯収入・健康や美容、恋愛に至るまで判断することもできます。このアプリだけで命名まで一気に決めることも出来るので、あまり多くのアプリをダウンロードしたくないという方にもおすすめできます。

良運命名(iOS・Android兼用)

姓の画数等細かいところも設定できるのが「良運命名」の特徴です。「さいとう」さんや「わたなべ」さんといった、画数の異なる名字を持ち、厳密に診断したい方におすすめです。

名字に合う良名を検索できるのはもちろん、運勢や子供の名付けにこめたい願いから漢字を調べることも出来るので、占い結果を重視したい人はぜひ使ってみると良いでしょう。

命名に使いたい漢字が決まっているけれど名前自体は困っているという方の名前に、お気に入りの漢字から名前の一覧を出すことも出来ます。その判断の結果も五格に応じた結果が表示されるのでとても見やすいアプリでおすすめです。

赤ちゃん名づけ(iOS用)

こちらのアプリも男の子・女の子それぞれの名前を判断してくれるアプリです。命名だけではなく、アプリから安産御守なども作成することが出来る(※ 有料)等、色々な機能があります。

漢字一文字ずつの意味を解説してくれるのも嬉しいところです。例えば「太郎」に使われている「太」に似た漢字に「汰」という字がありますが、こちらは「濁る」といったような意味を持っています。

上と下の画像を見比べると、似た字でも全く違った意味を持っていることが分かりますね。ついつい見逃しがちなので、要注意です。

画数等の都合で、こちらの漢字を使うこともあるかと思いますが、漢字一文字の意味についてもチェックしたい人は、このアプリで確認してみるのがおすすめです。

姓名判断(Android用)

名字を名前を入力するだけで、簡単に五格の運勢が診断出来るのが「姓名判断」というアプリです。

入力した名字に対して、人気の名前の運勢等も簡単に見られるのもおすすめポイントです。人気の名前を子供に付けたい方はぜひインストールしてみてください。

他にも、命名の際に参考になるような妊娠が判明してからのスケジュールも載っています。占い結果で判断をしたくないと考えている人も、子供の名前を考えるタイミング等参考になること間違いなしのアプリです。

画数に基づいた名付けのコツと注意点

男の子と女の子の違いに気を付けよう

2018年6月現在、日本では夫婦別姓は認められていません。男の子も女の子も、子供時代から成長して大人になり、結婚する時に名字が変わり姓名判断の結果が変わる可能性は十分にあるでしょう。
しかしながら、どちらかといえばその可能性は女の子の方が高くなっています。結婚する際、男の子の名字を名乗ることの方が多いでしょう。

名字が変わる可能性の低い男の子は、一生の運勢を司る人格に気を付けて命名すると良いでしょう。天格は、前述した通り変えようがありませんが、その他の運勢は名付けによって変えることが可能です。

一般的に、男の子に適した画数としては社会的に成功する画数がふさわしいとされています。例えば総画数が三十九画の名前を持つ男の子は、トップに上り詰め財力に恵まれると言われています。

男の子に命名する際には、三十九画を目安としても良いかもしれません。反面、総画数が三十九画の名前の短所は、才能の反面人の言葉を素直に受け取りにくいと言われています。人格や地格でそれを補う名前を付けることを意識していきましょう。

結婚によって名字が変わる可能性の高い女の子は、姓名判断の結果が男の子よりも変わりやすいと言われています。ただし、名前の総画数によって運勢を占う地格は改名等をしない限りは生涯変わりませんので、しっかりと占いを見ると良いでしょう。

姓名判断は日本古来よりの占いなので、考え方もどうしても前時代的になります。昔は、女の子は結婚したら家庭に入り専業主婦として働き、男の子が外で働くという形態が一般的でした。そのため、女の子にふさわしいのは家庭的な画数であると言われています。

例えば、男の子にふさわしいと言われている総画数三十九画の名前を女の子につけると、気が強いため家庭が上手くいかないという診断が下されます。では、女の子にふさわしい画数はなんでしょうか?

男の子の三十九画と同様に、女の子には総画数三十五画の名前がふさわしいとされています。細やかな気配りと内助の功を発揮できると言われている画数だからです。

女の子も社会で活躍する時代とはいえ、家庭のことを主体的に行うのは女の子になりがちです。また、上の世代の方は未だに女の子に内助の功を求める人も多くいらっしゃいます。大吉数と言われているこの画数を名付けるのも、良いかもしれませんね。

画数だけでなく音や意味もよく考えて

子供の命名の際に、五格の占いを参考にするのは一つの目安となります。ただし、もちろん画数の診断だけにとらわれるわけにはいきません。子供が男の子であっても女の子であっても、名字との音の響きや漢字の意味などを考える必要があります。

名付けには、常用漢字と人名漢字の両方を使うことが出来ます。先ほど紹介したおすすめサイト7選の中には名付けに使える漢字の一覧があるサイトもありますので、名前が決まったらぜひ一度そちらで調べてみてください。

辞書

また、常用漢字でも認められない例も稀にあります。2003年8月に東京都で自分の子供に「悪魔」くんと名付けようとした出生届が不受理となったのは有名な例でしょう。

悪魔

「悪」も「魔」も常用漢字ですが、子供の福祉を阻害する恐れがあるという理由で不受理となっています。画数による運勢の診断が仮に最高であったとしても、名前の意味は重要になってくるので注意しましょう。

他にも「心太」や「海月」といった名前には注意が必要です。両者は「しんた」と「みづき」と読めば普通の名前ですが「ところてん」や「くらげ」と読むことも出来ます。そういった名付けをしてしまうと、人によっては無神経な言葉を投げかける人もいるので、一度調べてみると良いでしょう。

画数は多すぎると子供の負担に

命名の際に、占いなどの他に気にして欲しい事柄に画数があります。名字が長かったり画数の多い漢字が使われている人は、名前に簡単な漢字を使ってあげると子供の名前を記載する時にとても楽になります。特に、名字が変わる可能性の低い男の子は、一生その名前を書き続けます。出来るだけ画数は多すぎないようにしてあげましょう。

小学生になれば、学校の授業で習字も習い始めます。画数が多い名前の子供は、その際に名前の部分の半紙が真っ黒になってしまうこともあります。テストの際も名前を書き終わらないうちに他の子が問題を解き始める可能性もありますので、注意が必要です。

キラキラネームはどうすればいい?

最近では、子供の名前を世界で唯一のものにしようと「キラキラネーム」を付ける親御さんも多くいらっしゃいます。キラキラネームとは、たとえば「唯一神」と書いて「ゆいか」と読むとか、「弥有二」と書いて「みゅうつー」と読むとか、「主人公」と書いて「ひーろー」と読むといったように、当て字のような名付けを言います。

キラキラネームになりがちな特徴として、使いたい漢字を先に決めてしまうと無理な読み仮名を付けてしまいがちです。賛否両論ありますが、ここではメリットとデメリットを紹介します。

キラキラネームのメリット
・他にない名前なので一発で覚えてもらいやすい
・子供に名前の意味を説明しやすい

キラキラネームのデメリット
・出席を取る時など、子供が訂正しなければならない回数が増える
・あまりにも突飛な名前だと子供間でのいじめに繋がる可能性もある

名前の流行は、少なからずあります。実際に、祖父母世代と今の子供たちの名前ではずいぶんと違ったものになってきています。あまり突飛な名前にならず、現代に即した名前を付けられれば一番良いでしょう。

姓名判断は流派がたくさん!考え込みすぎないことも大切

姓名判断の流派はたくさんあります。正確な数は分かりませんが、300以上あるとも言われています。もちろん、その流派によって同じ名前でも違った結果になることもままあります。

男の子でも女の子でも、子供の名前を考える時に画数を気にする人は多いかと思います。しかしながら、流派によって結果が違うため、全ての流派で良い名前を付けることは実質不可能でしょう。

迷いすぎず、自分や配偶者の名前を入力して、的を射た結果を出してくる姓名判断の流派を信じてみるのが良いかと思います。

こちらでは、五格の他に陰陽五行などの診断もわかりやすく解説していますので、ぜひご覧ください。

迷ったらおじいちゃん・おばあちゃんにも相談しよう

どうしても夫婦だけで子供の名前が決められない場合、お互いの両親であるおじいちゃん・おばあちゃんに相談してみるのも良いでしょう。親世代は、名前の画数に関してこだわりを持っている人が多くいます。きっと、良い知恵を貸してくれることでしょう。

おばあちゃん

画数だけではなく、候補にあげた名前が遠い親戚筋にいる可能性もあります。その人が縁起の良くない人だった場合は、例え画数が理想的でも反対されることもあるでしょう。そうした事態を防ぐためにも、名前を決める前に一度相談することをおすすめします。

一生モノの名前を子供への最初のプレゼントにしよう

親からもらった名前は、子供が一生付き合っていくものです。色々な候補を上げることになりますが、子供が幸せで健康で豊かな生活を送って欲しいという思いは全ての親に共通しているものでしょう。

色々な人の意見や占いの診断結果などを参考にして、子供への素敵な最初のプレゼントをあげてくださいね。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ニャフック
吾輩は猫である。名前はニャフック。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ