手ぬぐい洗顔でお肌ツルツル!正しいやり方や手ぬぐいの選び方も!

手ぬぐい洗顔はお肌がツルツルになると話題です。シミやくすみにも効果が期待できます。しかし中には「よくない」という意見もある様です。手ぬぐい洗顔のメリット・デメリットと手ぬぐい洗顔の正しいやり方、手ぬぐいの選び方を知って賢く実践していきましょう。

手ぬぐい洗顔でお肌ツルツル!正しいやり方や手ぬぐいの選び方も!のイメージ

目次

  1. 1手ぬぐい洗顔で肌がツルツルになるって本当?!やり方は?
  2. 2「手ぬぐい洗顔」とは
  3. 3手ぬぐい洗顔のメリット5選!シミにも効くって本当?!
  4. 4手ぬぐいにデメリットはある?
  5. 5手ぬぐい洗顔の正しいやり方と手順
  6. 6手ぬぐい洗顔のやり方のコツ
  7. 7手ぬぐい洗顔に適した手ぬぐいの選び方
  8. 8みんなの手ぬぐい洗顔の感想や体験談を紹介!
  9. 9手ぬぐい洗顔を応用!身体もツルツルに  
  10. 10手ぬぐい洗顔で全身スベスベ肌になろう!

手ぬぐい洗顔で肌がツルツルになるって本当?!やり方は?

「手ぬぐい洗顔」という洗顔方法が口コミで話題になっています。調べてみると、「手ぬぐい洗顔をすると肌がツルツル」になるといった口コミが多く、「シミやくすみにも効果がある」といった声も見られます。手ぬぐいなら100均でも手に入りますし、手軽に始めることができそうですよね。しかし、一方では「手ぬぐい洗顔はよくない」といった口コミもあり、実際の所どうなのか、手ぬぐい洗顔やり方やメリット・デメリットについてなど調べてみました。

洗面所

「手ぬぐい洗顔」とは

「手ぬぐい洗顔」とは、その名前の通り手ぬぐいを使って行う洗顔です。手ぬぐい洗顔は使用するアイテムも、洗顔のやり方もとってもシンプルなのが特徴です。肌がごわついていると感じる時や、クレンジングや洗顔料が肌の刺激になっている方、そしてシミやくすみが気になる方にオススメの方法として口コミが広がっています。

手ぬぐい洗顔のメリット5選!シミにも効くって本当?!

手ぬぐい洗顔はとてもシンプルなスキンケアですので、毎日のクレンジングや洗顔の時間を短縮できるというメリットがあります。でも肝心なのはお肌に対してどんなメリットがあるかということですよね。手ぬぐい洗顔がお肌にとってどのようなメリットになるのか見ていきましょう。

肌がツルツルになる  

手ぬぐい洗顔のメリットとして一番よく言われているのが、肌がツルツルになるということです。しっかりと汚れや角質が除去できますので洗い上りの肌は本当にツルツルスベスベです。さっぱりとした洗い上りが癖になる人も多いです。

メイクも落とせる  

手ぬぐい洗顔では、洗顔前にクレンジングの必要はありません。手ぬぐいのきめ細かい繊維のおかげで肌の汚れと共にメイクもしっかりと除去することができます。クレンジングをする必要がないのでその分肌への負担も軽くなります。

メイクした人

毛穴に詰まった汚れを除去   

クレンジングで鼻や頬の頬の毛穴を念入りにケアしているけどなかなか汚れが落ちないと感じている方も多いのではないでしょうか。実は手ぬぐい洗顔は毛穴の汚れにも効果的です。クレンジングでも取れなかった毛穴汚れも手ぬぐい洗顔でスルリと除去することができます。

ターンオーバーを改善しシミを薄くする効果も   

手ぬぐい洗顔を行うことで、肌のごわつきの原因にもなる古い角質がしっかりと取り除けます。これにより肌のターンオーバーも改善し、出来てしまったシミも少しずつ薄くする効果も期待できます。出来てしまったシミは残念ながら消すことはできませんが、ターンオーバーが正常に戻ることでシミを薄くすることができるのです。

シャボン玉

くすみがとれて透明感アップ!

くすみがない透明感のある肌を目指すには古い角質を取り除き正常なターンオーバーを保つことが大切です。くすみの原因でもある古い角質を取り除くことができる手ぬぐい洗顔は、肌の透明感をアップさせる効果も期待できます。

手ぬぐいにデメリットはある?

手ぬぐい洗顔はメリットも多く、手軽に始めることができますのでチャレンジする人も多いです。しかし始める前に気になるのは手ぬぐい洗顔のデメリットです。調べてみると、「手ぬぐい洗顔は肌によくない」という意見もあります。そこで手ぬぐい洗顔はよくないという口コミや、デメリットについて見ていきましょう。

手ぬぐい洗顔のデメリット 【肌への刺激】

手ぬぐい洗顔がよくないという意見には「肌への刺激が強い」というものがあります。しかし、肌への刺激というデメリットが挙げられる原因は、手ぬぐい洗顔のやり方や手ぬぐいの選び方が間違っている場合がほとんどです。正しい方法で実践すれば肌への刺激になることはまずありません。

ただし、よくないと感じている人の中には本当に肌が弱く手ぬぐい自体が刺激になっている場合もあります。肌が弱い方は正しいやり方をしていても、もしかしたら「ピリピリ」したり刺激を感じることがあるかもしれません。

どんなスキンケアにも「よくない・よかった」と感じるように合う合わないがあります。手ぬぐい洗顔を始める場合もデメリットを理解して、ご自分の肌の様子を見ながら実践していきましょう。

泡

手ぬぐい洗顔の正しいやり方と手順

では手ぬぐい洗顔の正しいやり方と手順をご紹介します。やり方を間違えると肌の刺激になってしまう場合もありますので、正しい手順で手ぬぐい洗顔を行いましょう。
 

【用意するもの】
・手ぬぐい
・石鹸

【手ぬぐい洗顔のやり方】
①ぬるま湯で顔を濡らす
②水分を軽く絞った手ぬぐいを顔に当てる。顔の上から下に向かって優しくぬぐう。
③手ぬぐいに石鹸を付ける(泡立てておいた石鹸を付けるか手ぬぐいに付けて泡立てる)
④顔の上の方から下に石鹸の泡をクルクルと円を描くように優しく洗う
⑤石鹸をぬるま湯で洗い流す

手ぬぐい洗顔はソフトピーリング効果があります。毎日手ぬぐい洗顔を行ってしまうと、次第に肌が乾燥したりトラブルの原因になってしまう可能性があります。肌が弱い人は特に、ご自分の肌の様子を見ながら行っていきましょう。毎日手ぬぐい洗顔をするのは肌の負担になってしまいます。

Thumbコストコで買える石鹸のおすすめ3選!高い保湿力で潤い美肌をキープ!
コストコで石鹸を購入したことはありますか?ドラッグストアでの購入よりも安く石鹸を購入すること...
石鹸

手ぬぐい洗顔のやり方のコツ

手ぬぐ洗顔はよくないという意見に「肌の刺激になってしまう」というものがあります。その原因はやり方が間違っている場合がほとんどであるとお伝えしました。そうならない為にも手ぬぐい洗顔のやり方のコツをしっかりと押さえておきましょう。

タオル

肌を強くこすらない

手ぬぐい洗顔では力を入れずに軽く滑らせるような感じで洗顔をしていくことが大事です。毛穴汚れが気になる個所には手ぬぐいを指にかぶせるようにして洗っていきましょう。洗い上りのツルツル感が気に入って力を入れすぎてしまう人も多いです。肌を強くこすらないことを意識して手ぬぐい洗顔をしましょう。

手ぬぐいは手洗いする

手ぬぐいは基本的に洗濯機などを使わず、毎日手洗いをしてください。洗濯機ですと手ぬぐいの繊維が傷んでしまう場合がありますし、切りっぱなしの手ぬぐいの場合ほつれが酷くなってしまうこともあります。蛍光成分の入っていない中性洗剤でしっかりと洗いましょう。

洗濯物

手ぬぐい洗顔に適した手ぬぐいの選び方

手ぬぐいは直接肌に触れるものです。その為、手ぬぐい洗顔に使う手ぬぐいの選び方も重要です。100均などで手軽に手に入れることができるものですが、100均のものは肌に刺激になってしまう場合もあります。手ぬぐい洗顔に適した手ぬぐいの選び方をご紹介します。

木綿100%のもの  

手ぬぐい洗顔に使う手ぬぐいの選び方は「木綿100%」「コットン100%」「綿100%」などの記載があるものにしましょう。違う素材が入ったものですと肌の刺激になる場合がありますので注意して下さい。

コットン

織り目が細かいもの

木綿100%の手ぬぐいは100均でも手に入れることができます。しかし、実際に100均の手ぬぐいを触ってみるとわかりますが、織り目が硬く洗顔には不向きです。手ぬぐい洗顔に使う手ぬぐいの選び方のコツは織り目が細かいものを選択することです。100均の手ぬぐいではなく織り目が細かく肌触りが良いものを選ぶようにしましょう。

シンプルで色柄が少ないもの

手ぬぐい洗顔に向いた手ぬぐいの選び方で重要なのはシンプルで色柄が少ないものを選ぶことです。できれば蛍光剤が使われていない日本製の物が良いです。色柄物ですと色落ちする心配がありますので、シンプルなものや使い古したものをしっかり洗って使ってください。

みんなの手ぬぐい洗顔の感想や体験談を紹介!

手ぬぐい洗顔を実践しようか悩んでいる方は、一度実際に使っている人の感想や体験談を聞いてみて判断してみるのも良いかもしれません。では、実際に手ぬぐい洗顔を行っている方の感想や体験談をいくつかご紹介します。みなさん手ぬぐい洗顔に効果を感じているのが分かりますよ。
 

「手ぬぐい洗顔の本」を見つけて早速試してみました。一日で顔がツルツルに!しかもツッパリません。二日目には化粧水を忘れるくらい肌がしっとりとしていました。石鹸と手ぬぐいだけでこんなに違うとは想像もしていませんでした。
(30代 主婦)
 
手ぬぐいで撫でるように泡立てた石鹸をクルクルするだけで洗い上りがスッキリ!最初は調子に乗って毎日やっていたら顔が乾燥してきてしまったけど、今は週一ペースで肌をリフレッシュさせています。
(20代 OL)
 
今日で一週間だけど、本当にスッキリするし肌が白くなる。こんなに簡単にできるのに効果が絶大すぎてビックリ。もうやめられないかも......。
(20代 学生)

バスグッズ

手ぬぐい洗顔を応用!身体もツルツルに  

手ぬぐい洗顔だけでなく全身ツルツルスベスベにしたいという方にもオススメの方法をご紹介します。お肌に優しい手ぬぐいなら全身使えます。お顔も体も全身スッキリと洗い上げましょう。

全身のアカスリにも

全身の垢すりに使う場合も、手ぬぐい洗顔とやり方はほとんど一緒です。石鹸や普段使っているボディーソープを泡立てて、軽く濡らして絞った手ぬぐいで体を撫でていきましょう。垢すりの場合も強くこする必要はありません。むしろ刺激になってしまいますので優しく垢すりをしていきます。軽く撫でるだけで、余分な皮脂や垢がすっきりと取り除くことができますので驚くほどスッキリしますよ。

垢すりを行う場合は必ず力をかけずに撫でて下さい。膝やひじなど気になる個所はほんの少しだけ強めに撫でていきます。本格的な垢すりよりは効果が穏やかですが、一週間ほど毎日行うとツルツルになるのを実感できるでしょう。ただし肌が弱い方は様子を見ながら垢すりを行ってください。

スキンケアアイテム

かかとの角質落としにも

垢すりのついでにかかとの角質落としをするのもオススメです。かかとも様子を見ながら優しく撫でていきましょう。こちらも一週間程度毎日続けることでツルツルとしたかかとになってきます。かかとの場合、大丈夫そうであれば100均の手ぬぐいを使用しても構いません。ただし100均の手ぬぐいは織り目が荒いので力を入れすぎないように注意してください。

かかと

手ぬぐい洗顔で全身スベスベ肌になろう!

シミやくすみなどが気になっている人、また肌のざらつきが気になる人は手ぬぐい洗顔でツルツルで透明感のある肌を目指してみましょう。注意点はご紹介したように、洗顔時に力を入れすぎないなどやり方や手ぬぐいの選び方をしっかりと守ることです。そしてスッキリするからと毎日手ぬぐい洗顔をしないことも重要です。毎回肌の様子を見ながら手ぬぐい洗顔を取り入れて、全身ツルツルスベスベになりましょう。

Thumb洗顔ブラシは肌に悪い?肌に優しい&効果的な使い方・コツを解説!
洗顔ブラシについて賛否両論の考えがあります。洗顔ブラシは肌に悪いという声や、毛穴の奥まで綺麗...
お風呂

関連するまとめ

Original
この記事のライター
maata590304
一児のママです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ