年収900万は一番損をする?生活レベルや更に年収を増やす方法も!

年収900万と聞くと、裕福な生活を送っているイメージを想像する方も多いではないでしょうか。しかし、年収900万は課税される税金などで手取り金額が少なく、損をしている年収層と言えます。今回は、年収900万のそれぞれの家族構成別に生活の事情を紹介します。

年収900万は一番損をする?生活レベルや更に年収を増やす方法も!のイメージ

目次

  1. 1年収900万は一番損するって本当?
  2. 2そもそも年収900万円の手取りはいくらくらい?
  3. 3年収900万は税金の負担額が大きい?
  4. 4年収900万世帯の生活レベルの目安は?
  5. 5年収900万世帯の貯金額の目安は?
  6. 6年収900万の子育て世帯に掛かる教育費はどれくらい?
  7. 7年収900万子育て世帯が受けられる助成制度3つ!
  8. 8年収900万でも苦しい!余裕がない原因5選!
  9. 9年収900万世帯が賢く貯金を増やす方法5選!
  10. 10年収900万円でも倹約しないと苦しくなる!

年収900万は一番損するって本当?

お金

年収900万円の世帯は、実は一番損をしていることを皆さんはご存知でしょうか?年収900万円の世帯は、労働人口の上位に位置し、高給取りのイメージがあります。しかし、実際は年収900万はそれ程裕福な生活を送っていない場合が多いです。今回は、年収900万のそれぞれの世帯の生活の事情などを紹介します。

そもそも年収900万円の手取りはいくらくらい?

財布

年収とは、税金や保険料が差し引かれる前の年間の総支給額を指します。会社員の場合は、雇用主である会社が払う金額全部であると言えます。そこから、税金や保険料などを引かれて、実際に手元に入る手取り金額は約670万円から700万円程度になります。尚、この手取り金額は、世帯の家族構成で金額が変動します。

年収900万は税金の負担額が大きい?

負担

年収900万と言っても、その金額が手取り金額ではありません。そこから、税金・社会保険料が引かれます。年収900万は、この引かれる税金・社会保険料の金額負担が大きい年収層と言えます。

年収900万円の所得税

お金

年収に対して課税される税金のことを所得税と言います。この所得税は、年収の比例して課税される金額が多くなる累進課税式で税率が決定されます。年収900万の場合は、年収900万から年収1800万以下の税率33%になります。また、年収900万以下の場合は、年収695万から年収900万以下の税率23%になります。

このように、年収900万を超えると、課税される所得税が一気に上がります。また、所得税は扶養人数で負担金額が減るので、結婚の有無や子供の人数などで、支払う税金が変わります。そのことから、年収900万でも独身の場合は、税金負担は大きいと言えるでしょう。

年収900万円の社会保険負担額

社会保険

社会保険料とは、年金保険料・医療保険料・介護保険料・厚生年金保険料・雇用保険料・労災保険料にかかる保険料のことを指します。この社会保険料も、所得税のように年収が多いほど高い社会保険料を払うようなしくみになっています。

また、この社会保険料も扶養人数で負担金額が変わるので、子供の有無や結婚している場合は配偶者が扶養該当かによって社会保険料の金額も変動します。

年収900万世帯の生活レベルの目安は?

生活

ひとえに年収900万世帯と言っても、独身・夫婦・子供の人数によって、出費が変わります。ここでは、それぞれの世帯構成の生活レベルについて見ていきましょう。

独身一人暮らしの場合

シングル

住宅費 100,000円
食費 70,000円
光熱費 20,000円
通信費 20,000円
保険料 10,000円
服飾費 50,000円
交際費 50,000円
自由に使えるお金 60,000円
貯金 100,000円

年収900万のまだ結婚をしていない独身の方の場合の支出の例です。独身の方は、お金に困ることはなくとも、今後の将来に向けてお金の使い方を計画的にした方が良いかもしれません。

夫婦二人暮らしの場合

夫婦

住宅費 100,000円
食費 80,000円
光熱費 20,000円
通信費 25,000円
保険料 30,000円
交際費 30,000円
雑費 20,000円
夫の小遣い 40,000円
妻の小遣い 40,000円
貯金 95,000円

結婚はしているが、子供がいない夫婦二人だけの年収900万の場合の支出の例です。共働きの夫婦の場合は、外食が多く食費の項目で出費が多くなりがちです。しかし、どちらかが専業主婦(夫)の場合は、食費の項目の出費はもう少し減る傾向があります。

子ども1人3人家族の場合

家族

住宅費 100,000円
食費 70,000円
光熱費 25,000円
通信費 25,000円
保険料 40,000円
交際費 30,000円
雑費 30,000円
夫の小遣い 30,000円
妻の小遣い 30,000円
養育費 40,000円
貯金 60,000円

年収900万で結婚して子供が1人いる場合の支出の例です。子供がいるので、夫婦二人の世帯に比べて、貯金額が少なくなり、他の項目の出費や養育費がかかるようになります。

子ども2人4人家族の場合

家族4人

住宅費 100,000円
食費 80,000円
光熱費 30,000円
通信費 30,000円
保険料 50,000円
交際費 30,000円
雑費 30,000円
夫の小遣い 30,000円
妻の小遣い 20,000円
養育費 60,000円
貯金 20,000円

年収900万の結婚して子供2人いる場合の支出の例です。子供が1人増えるので、養育費をはじめ他の項目の出費も多くなります。また、貯金額に回せるお金が少なくなる傾向があります。

年収900万世帯の貯金額の目安は?

貯金

年収900万の世帯のそれぞれの家族構成の支出の例を紹介しましたが、結婚して子供がいる場合は、出費額が増える分、貯金額に回せるお金が少ないことが分かりました。ここでは、実際に年収900万の貯金額の目安を確認しましょう。

独身の場合

貯金

先程紹介した独身の年収900万の支出の例からわかるように、贅沢な生活をしなければ、毎月10万円以上は貯金をすることが出来ます。また、ボーナス(100万円)も貯金することを想定した場合、年間で200万円から220万円は貯金が出来ることになります。

夫婦二人以上の場合

お金

年収900万の世帯でも、結婚して夫婦二人だけでも独身と比べて出費が増えますが、それでも毎月10万円近くは貯金できるようです。年間200万円近く貯金を頑張ってみましょう。

子供がいる場合は、年収900万だと出費がさらに増えて、貯金をするには大変になってきます。毎月5万円を目標に年間120万円貯金できように家計をやりくりできるように考えましょう。

年収900万の子育て世帯に掛かる教育費はどれくらい?

教育

年収900万世帯の子供一人当たりの養育費は約1700万円かかると言われています。ここで、子供がいる場合に、何かと出費が多くなりがちな教育費・保育料ですが、年収900万はどれぐらいかかるのか考えていきましょう。

年収900万世帯の教育費の目安

教育

結婚して夫婦二人だけでも、将来的には子供を持つ可能性はあり、その上で教育費を知っておくと将来設計を立てやすくなります。子供が学校を私立、または国公立に通うかにもよって金額の違いがありますが、年収900万の場合は、子供一人あたり約1400万円かかると言われています。

年収900万世帯の保育料の目安

幼稚園

子供が幼稚園に通う場合は、私立または公立かによって金額はかわりますが、幼稚園は年収に関係なく保育料は一律で、保育料は約1万円から4万円程になります。

年収900万の世帯の場合、夫婦共働きの場合もあります。この場合、子供は保育園に通うことになります。保育園の保育料は住んでいる地域・子供の年齢によって保育料の費用が変わります。年収900万の場合は、保育料は約5万円以上かかるようです。

年収900万子育て世帯が受けられる助成制度3つ!

家計

年収900万の子供がいる世帯では、生活費が増えて何かと家計的には大変です。ここで、年収900万の子育て世帯でも受けれる助成制度を紹介します。

児童手当

子供

児童手当は、子供が0歳から中学校修了までに受給されます。児童手当は、子供の年齢・子供の人数・世帯の年収によって金額が変わります。また、以前までは所得制限以上の場合は受給できませんでしたが、特例給付として所得制限以上でも金額は少ないですが受給できるようになりました。

子供の医療費

医療

子供の医療費助成も地域によって、子供の対象年齢の範囲、無料または一部負担や、所得制限などがあります。所得制限をしていない地域もあるので、住んでいる地域が年収900万の子育て世帯でも対象か調べておくと良いでしょう。

高等学校就学支援金

勉強

高等学校就学支援金制度は、年収910万円以下の場合は、国立私立を問わずに高等学校等就学支援金を支給する制度です。もし、年収900万でも、年収910万円以下の場合は、対象になります。

年収900万でも苦しい!余裕がない原因5選!

困難

年収900万と聞くと裕福なイメージがありますが、年収900万でも税金で引かれる金額が多く手取り金額が少なく、また子供がいて生活費がかさみ手取り金額でやりくりするのは大変です。ここで、年収900万で家計が苦しくなってしまう原因を紹介します。

①ローンの組みすぎ

ローン

家や車等の高額な商品の買い物には、ローンを組んで購入する方も多いではないでしょうか?しかし、何も考えずにローンを組んでしまうと、ローン返済が多くなり、生活費がその分少なってしまい、家計を圧迫させます。

②カードで支払うのが習慣

カード

カード支払いは、自分がいくら使っているのか意識的に把握しないと分かりづらい点があります。カードの支払いをしている場合は、支出を把握せずに使い過ぎてしまう傾向があります。

③出費の管理不足

電卓

年収900万は平均年収よりも高い年収のイメージがあります。しかし、年収900万は、課税される税金が高く、手取り金額が少なく、堅実的な生活をしないと赤字続きになってしまいます。

④節約する習慣がない

節約

年収900万の世帯は、裕福なイメージから節約する習慣がない方が多いようです。堅実的な生活をするためにも、無理なく節約することが大切です。

⑤外食が多い

外食

年収900万の世帯は、夫婦共働きも多くいます。普段の生活が忙しく、ついつい食事が外食になりがちな生活になり、食費の支出が増えてしまいます。

年収900万世帯が賢く貯金を増やす方法5選!

貯金

年収900万の世帯と聞くと、裕福なイメージがありますが、実際は税金が課税されたりと手取り金額は少なりなります。ここで、年収900万の世帯でも、無理なく貯金できる方法を確認してみましょう。

①家計簿をつけて現状把握

家計

家計簿をつけることによって、収支の把握がしやすくなります。現在の出費項目や節約できる項目なども分かり、将来のお金の使い方も見通すことが出来ます。

②ローンは繰り上げて返済

ローン

ローンは長期に渡り返済していきます。これと同時に支払う利子も、長期間支払うと高額になります。ローンは繰り上げ返済をすることで、支払う利子も少なくなります。

③通信費はかしこく節約

通信

通信費は毎月の固定費の中で、節約しやすい項目です。今現在使用している通信費を見直すことで、大幅に削減できることもあります。

④ボーナスは貯蓄へまわす

ボーナス

毎月の生活で貯金額を捻出することが出来ない方もいるかもしれません。そのような方には特に、ボーナスを貯金することはおすすめです。ボーナス払いで購入するような商品は、出来るだけ控えるように心がけましょう。

⑤保険を見直す

保険

もしもの為に加入する保険料も、年収900万の方には加入し過ぎる方もいます。補償内容が被っている保険がないかなど保険を見直すことで、払う金額が減り、その分貯金をすることが出来ます。

年収900万円でも倹約しないと苦しくなる!

電卓

年収900万は課税される税金で手取り金額が少なくなり、助成金額が少ない事などで子供がいる世帯では、堅実的に生活しないと貯金しにくい年収層ということが分かりました。年収900万の世帯の方は是非、将来の為に今回紹介した節約方法などを参考に、一度家計を見直してましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ezima
よろしくお願いします!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ